【事務所通信バックナンバー】

締切

 よく「締切に追われる」「時間に追われる」ということばを耳にします。耳にするだけでなく、私自身もよく使っていることばですが、ふと、ことばだけを考えてみれば、実際はそんなことなどありません。屁理屈になりますが、締切は向かう先にあるものであり、時間は今の自分の隣にあるものです。締切に近づいいくため自分の中に焦りが生じ、その焦りに自分自身が煽られることによって「締切に追われる」ことになりますが、時間は常に一定に流れ、締切も日の変更がない限り、同じ場所から移動することはありません。しかし、締切までの時間は無限ではなく有限です。殊更追い立てられるような気持ちになり、そういうときに限り時間は早く進んでいくように思えてしまうのも、痛いほどに分かります。現在書いていますこのネットワークにも、当然ながら締切があり、実は今その締切に追われているので、分かるどころの話ではなかったりするのですが……。

 締切が、時間が、ということばに私はとても弱く、タイムリミットを突きつけられると、とっさの判断が出来なくなり、逆に焦ってしまって手につくものもつかなくなってしまいます。いつまでにこれをしなければならない。いつまでにあれを、といったように、締切に追われ、時間に支配され、焦りばかりが先行して思うように物事がはかどりません。締切というと否応なく迫ってくるものというイメージがあり、結局のところ、そのイメージに振り回されてしまっているのですが、締切とは本当は一つの区切りなのではないかと思います。当然、締切は締切なのですから守らなければなりませんが、「締切」や「時間」ということばに捕らわれ追い立てられるのではなく、積み重ねてきたものの区切りをそこで一旦つけるというのが、本来の締切なのかもしれません。ことばに捕らわれ焦るのではなく、向かう先を見据えて着実に物事の区切りをつけていくよう心掛けるようにしていますが、やはり長年の癖はなかなか抜けず、心の改革は簡単にはいきません。ですが、「締切に追われる」のではなく、締切を迎える気持ちで、少しずつ積み重ねていきたいと思っております。

(2002/05/21・**退職者による記事**)