【事務所通信バックナンバー】

主任結婚!!

 いつも税務会計全般にわたり、深いご理解とご協力をありがとうございます。また、この事務所通信をいつもお読みいただきありがとうございます。

 私どもの事務所では、5月11日華やかなおめでたい出来事がありました。入所以来10年目を迎えようとしている主任、○○の結婚式であります。また、良き伴侶となる相手は平成9年より11年まで当所スタッフであった旧姓○○○○さんです。若い二人は大勢の人に祝福をうけながら、めでたく新しい人生の出発地点にたちました。

 お祝いの席で一言述べさせていただくにあたり、来席の皆様の前で私は会計事務所の仕事の紹介も兼ね、つぎのようなことをお話させていただきました。

 国際会計基準、IT革命等で会計が檜舞台にあがってきています。学問的な魅力も高まり、仕事としてもよりいっそう注目されるようになってきています。たいへんやりがいのある仕事だと思っています。

 当事務所では月次巡回監査体制をとり、帳票の整合性はもとよりその次のスッテプとして経営助言をしております。経営助言と聴くと、プロのコンサルタントが行うハイレベルなことを考えがちですが、そうではなく、日頃の巡回監査を通して把握した関与先の状況をベ−スにして、出力帳票の解説をすることからはいり、経営者の方とのコミュニ−ケ−ションを重ねることによって身近な相談相手になり、お客様の健全性な発展に向かって全力投球をすることが我々の経営助言であります。それができるのは我々を於いてほかにないと自負しています。現実のこの厳しい世相の中でお客様の課題を経営者とともに解決していくという姿勢とその能力を持つことが必要だと思います。

 お客様は、不断に変化しているので、我々の頭上には次々に新しい問題が投げかけられるのです。そして自分の心を鎮め、少しでも高い人間性を作っていこうとして、人生の一回生を自覚して、毎日を生きていく必要があると思います。一瞬も休まずに、自分を磨く、という姿勢をとることが必要だと思います。

 主任も家庭を持ち、よりいっそう仕事にも精進していくことと思います。重ねまして皆様方からのご指導ご鞭撻をお願いするとともに、ここにご報告させていただきます。

(2002/05/21・荻原秀樹)