【事務所通信バックナンバー】

中川事務所訪問記―自計化最先端事務所を訪ねて

 平成14年4月15日、TKC山梨情報センター、浜松情報センターのはからいにより、静岡会の中川巧先生の事務所を見学させていただく機会を得ました。中川先生の事務所はすべての関与先にFX2という自計化システムを導入されている先進的事務所であり、昨今のIT熱の高まり、また、政府の電子申告制度なども念頭にあり、ここで一度初心にたちもどり、自計化について学ぼうと考え、TKC山梨情報センターより、伊藤センター長、同システム・コンサルティンググループ荻原会計担当の新見さんと、当所小林、相原、加々見の計6名で訪問させていただきました。

 身延線特急「ワイドビューふじかわ」に乗り一路静岡へ、そして新幹線「ひかり」で浜松へ。駅から車で5分、自宅ビルの2階の事務所でした。(5月には商工会議所ビルに移転するということです)

 私が最初に訪問させていただいたのは遡ること7、8年前。私の事務所では、平成2年に荻原会計事務所の経理にFX2を導入したのをかわきりに、関与先の皆さんにも自計化のすばらしさを説き導入をお奨めしてきましたが、いろいろな状況の中でなかなか定着を図ることができず、勉強したい一心で先進事務所見学会に参加したのがこの初回のことでした。この時も所内の整然としたただずまいに驚きましたが、今回の訪問で、所内のペーパーレス化などいっそう進んだ状況となっており、先生の税理士業務にかける情熱が伝わってまいりました。

 平成15年には電子申告制度が運用開始となります。先生はこの制度につき相当のご研究を重ねられてており、先生の発信する情報により、全国のTKC会員事務所が学んでいくという状況にあります。

 また、書類を紙として残すのではなく、情報機器を用いて、集中管理し、誰がいつ見てもわかりやすく、迅速に閲覧できるシステムを構築しているのが、先生の事務所の特色でもありました。

 自計化の利点についても、関与先の方から事業所内の標準化が図れる、見たい資料をいつでも最新の状態で見ることができる、低廉にて経営のアドバイスを得ることができる、ソフトの対応がタイムリーで安心感がある、などと喜ばれているということです。

 今回のこの事務所訪問をスタッフ全員で、と思い立ったのにはわけがあります。前回の訪問時から時が流れ、その間世の中はどのように変化したでしょうか。平成2年の当事務所FX導入以降、バブルがはじけ世相はいっそう厳しくなっています。しかし、身近なところにIT政策があふれ、もはやコンピュータの操作なしには生活が成り立たなくなっているといっても過言ではないと思います。どうも難しそうだと思ったキーボード操作も70、80代のご年輩の方が、IT講習会へ参加しているなど、やる気さえ起こせば、そうそう難しいことでもないことがわかってきています。国税庁の電子申告の取り組み、電子帳簿保存法などを考えても、今から土台をつくっておかなくては、時代に取り残されてしまう。もはやそんな時代なのです。こんな中、事務所一丸となって関与先の皆さんの自計化に取り組むには、研修に参加したものとそうではないものの温度差があってはいけない。全員で見学させていただこうと思い、実行の運びとなりました。

 4月18日付け朝刊には、電子自治体構想が詳しく発表されていました。世界最先端のIT国家を目指す国のe−ジャパン戦略は、いよいよ平成15年には「総合行政ネットワーク」を全市町村に普及させ、電子行政サービスがうけられるように整備を完了させるということです。このように環境は刻々と変わっていきます。平成ひとけた代の自計化は、『一歩先んじて』であったかも知れない。しかし今、時代は、まさに生き残りをかけての挑戦ともいえるほど厳しい状況となってきています。こんな時、『戦略経営者支援システム』は頼りがいのある羅針盤となります。

 終わりに今回の事務所訪問に際し、中川先生はじめ多くの方のご尽力により実現をみたことに感謝し、心よりお礼申し上げたいと思います。また、関与先のみなさんの益々のご繁栄を願ってやみません。

(2002/04/19・荻原秀樹)