【事務所通信バックナンバー】

この春荻原会計から消えたもの

 個人事業の方は、確定申告が終了し、ほっと一息ついていらっしゃるところではないかと思います。期間中、いろいろとご協力いただきましてありがとうございました。 一つの期が終わると、ほっとすると同時に過年度分書類ということで、書類の山が残ります。当所では、帳簿書類保存箱という専用の箱をお薦めしていますが、一年分の書類ともなると、この箱で収まりきらないという方もででくるのではないでしようか。

 現代社会に於いて、この過去のものを保存するということはとてもたいへんなことだと思います。何にしても物が溢れすぎてしまっているからです。なかなか整理する決心のつかない私は、以前店頭で見かけた『「捨てる!」技術』(辰巳 渚著 宝島社新書)を思わず手に取り購入して読み終えたところ、少したってその本がベストセラーになっていたので世の中の人も捨てることに関心があるんだなあ、とたいへん驚いた記憶があるのですが、また反面、その数ケ月後に読んだ『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』(立花 隆著・文芸春秋社)の中では、この本をまっこうから批判、捨てることの概念がまた別の側面から考察されていて、興味深いものがありました。

 とにかく何かこだわりを持ってしまい何でもとっておきたがる私ですが、この春意識してなくしたものがあります。『総勘定元帳』。皆様のお手元へは薄緑色の表紙で一年分の各勘定科目を綴ってお届けしているあの厚いものですが、その出力をやめました。昨年は、(平成13年分)皆様にお届けしている請求書の控えの紙への出力をやめたので、この春の保存書類はぐっと少なくなり、厚みにすれば10pは減となったのではないでしょうか。この10pの効果は年を重ねるにしたがって増してきます。

 このように省略できるのは、『電子帳簿保存法』という法律のおかげで、特定の要件を備え、手続きをすれば

  • レジ記録
  • 総勘定元帳、仕訳帳、補助元帳、棚卸し表、貸借対照表損益計算書
  • 自己の作成した契約書、送り状、領収書、見積書、等

を電子帳簿書類という形態で保存することができるとされています。最初にこの申請書を提出したときには「管内初です」、と税務署の方にいわれましたが、現在ではどの位の事業所で承認手続きをとっていらっしゃるでしょうか。また概要については、監査担当者にお尋ねいただきたいと思います。

 平成14年度、今年は何を省略していこうか、法に照らし合わせて合理化を図っていきたいと思います。

(2002/04/19・荻原幸子)