【事務所通信バックナンバー】

FX2ユーザーの声

 これまでこの紙面や監査の際にも、折に触れて自計化ソフト導入のご提案をして参りましたが、やはりこういうものは実際に使ってみないと分からないというところが皆様の本音だろうと思います。そこで今回は当事務所の関与先で、FX2及びPX2を導入していただいた企業様の経理担当者様より実際にお使いいただいての感想をお寄せいただきました。自計化をお考えになっている、あるいは考えているが今ひとつ踏み出せないでいるという皆様の参考になれば幸いです。

 弊社は平成元年設立、従業員7名の会社です。荻原会計事務所とのお付き合いも13年になります。昨年8月の事業年度より自計化を開始致しました。以前は毎月160枚、多い時期は200枚以上の伝票を起こし、集中して会計業務をしても4、5日掛りました。事務全般をしている私には一番苦痛な仕事でした。故に、後回し後回しになり、監査も2ヶ月遅れが当たり前。会社の正確な財務状況も把握出来ていなかったことになります。FX2導入後は1日で1ヶ月の処理が全て終了します。(毎日処理が原則だと思いますが…)給料計算もPX2のお陰で、時間外の集計が済めば30分も掛らず明細まで出てきます。またPX2がFX2に連動しているので給料関係の伝票を起こさずに済み感激しています。これほど業務が正確、迅速に出来るのはシステムの素晴らしさと立上げ支援の正確さにあると思います。詰まった時に担当者に連絡が取れない時はまだパニックになりますが、休日もサポートして頂き大変助かっています。
 (注)FX2は財務処理、PX2は給与計算のためのソフトです。

 もちろん導入までは楽なことばかりではありません。まず導入に際しては、その準備として貴社の経理体制に合わせてソフトウェアの環境整備をしなければなりません。普通のソフトウェアと違ってインストールすればすぐ使えるというわけにはいかないのです。しかしこの作業に関しては、全て会計事務所持ち。お手を煩わせることはありません。

 準備が終わればいよいよお使い頂くことになります。導入当初は集中的に訪問し、操作指導をさせていただきます。この手のソフトにありがちな「分厚いマニュアルとにらめっこ」というようなことはありません。私が今まで導入した経験の範囲では、パソコンに慣れている方であれば、基本操作を覚えるまで約1ヶ月、全くパソコンを触ったことがないという方でも2、3ヶ月あれば十分だと思います。最初は少し面倒かもしれません。今までの慣れたやり方を変えるというのは誰しも抵抗感があるものです。それでも半年もすれば、パソコンを使うことによるメリットをはっきりと感じ取っていただけると思います。

 今回ご感想をお寄せいただいた企業様では、それまで売掛金や買掛金の集計を紙の集計表に手書き・手計算で作成されていましたが、自計化を機にこれもパソコンで処理されるようになりました。また請求書のフォームもご自分で作られて、よりいっそうパソコンを有効活用されています。このように自計化をするということは、単に伝票をパソコンで入力するというだけの話ではなく、経理体制そのものを見直すことにもつながります。

 自計化以前は、伝票を起票するのは企業の役目、それをデータ処理するのは会計事務所の役目、というように分業体制になっていましたが、自計化によってこれらの業務は一つに集約され企業様の側で完結出来る業務になります。「経理という面倒な作業にそんな力は割けない」とお考えになっていませんか?「会計事務所のやっていたことを何故こちらで負担しなければならないんだ?」とお考えになるのももっともですが、その先にあるメリットはデータ入力の手間に比べればはるかに大きいものです。面倒なことを短時間でしかも正確にできるのならば、これ以上の合理化はないでしょう。「経理は面倒だから後回し」「会計事務所に任せておけばいい」と考えるより、「自社で正確かつ迅速に管理しよう」と考えた方がはるかに楽で能率的な時代になったのです。

 これまでは「自計化ソフトの紹介」ということで、やや宣伝めいた記事が多かったように思いましたので、今回は少し目先を変えてユーザーの声を掲載させていただきました。今後他の自計化企業様にも是非ご感想やご意見をお寄せ頂きたいと思っています。

 末筆となりましたが、掲載に快く応じていただいた関与先企業様には改めて感謝申し上げます。ご協力ありがとうございました。

(2002/04/19・相原愛紀)