【事務所通信バックナンバー】

桜前線

 「桜」と聞くと、どんなものをイメージするでしょうか?染井吉野、枝垂桜、お花見、花より団子等々。坂口安吾の「桜の樹の下には死体が埋まっている」という、有名な一説が出て来る方もいらっしゃるかもしれません。

 桜には暗いイメージもあれば、明るいイメージもあり、見る人によって様々な印象が存在するのは、それ程に美しく、人の心を引きつけるからなのでしょう。平安の古来よりたくさんの歌も詠まれ、作品のモチーフにもなりました。桜は日本人の心を掴んで離さない花であり、私も例に漏れず桜が大好きです。この時期になるとお花見に行くのが楽しみなので、桜前線の様子がとても気になるのですが、今年はあちこちで観測史上初と言われているほど、桜前線が早足で駆け登ってきました。正直、もう少し先かなと思っていましたので、一気に花開いてきて少し驚いています。今年は身延山久遠寺の枝垂桜を見に行こうと計画を立てていますが、3月18日現在では既に3分咲きになっているとのことで、週末頃が最大の見頃のようです。

 春は終わりと始まりの季節でもあり、抽象的な言い方になってしまいますが、桜はそれら全てを象徴しているようにも思えます。桜が咲くと、冬の名残の終わり。散っていくと、完全なる春の到来。年度末、年度始めでもありますので、一つのものが終わり、また新しく別の何かが始まる期待と不安を呼び起こされ、桜を見ていると不思議と厳かな気分になります。前線の移動と共に気持ちを新たにし、新しい年度も頑張っていきたいと思っています。

(2002/03/22・**退職者による記事**)