【事務所通信バックナンバー】

ちょっと一息

 ストレス解消という言葉がありますが、皆様はどんなことをやっていらっしゃいますか。スポーツをする、どこかへ出かけるなど気分転換はいろいろあると思いますが、家庭の主婦の場合いろいろな制約もあるので、私は、日常の生活の中で、音楽を聴くことを楽しんでいます。いろいろなジャンルの曲を聴いてきましたが、今は、『太鼓』を聴いています。自分の生まれたふるさとの太鼓保存会が演奏する○○太鼓というようなものですが、太鼓の勇壮なナリズムが心にすっと落ちるというか、今の私にぴったりな感じなのです。家族には冷たく「よく、わからない。」と言われていますが、このCDには、この他にも祇園囃子や夏祭りの縁日に聴く笛や太鼓の音色もはいっていて、なつかしさこの上もなしです。実際私が、小さい頃特に太鼓を聴いていたというわけでもないのですが、こうしたリズムなどが、心象風景の中から呼び覚まされるのか、いつの間にか幼い頃の情景などが思い起こされ、なごやかな気持ちになります。また、日本の各地域の伝統芸能などの音がとても快く感じられるのは、年代のせいでしょうか。今年は、そんな曲をたくさん聴いてみたいと思っています。

 先日のソルトレイクシティー冬季五輪の開会式もとても美しく、すばらしかったのですが、長野五輪の質素といわれたあの開会式もよかったな、としみじみ思っているところです。外国の人はどう感じたのだろう、と思ったままその後批評等にふれる機会もありませんでしたが、郷土芸能、雅楽の演奏、国技である相撲の紹介など日本的なプログラムが繰り広げられたこともなつかしく思い起こされます。

 今朝のニュースで、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』がドイツのベルリン国際映画祭で、最優秀映画賞である「金熊賞」を受賞したと報道されていました。監督は、「この映画は多分に日本的な要素をとりこんでいて、アメリカの友人にみてもらったところ理解されなかったが、こうして、ヨーロッパで認められたことはたいへん嬉しい」という談話を発表していました。この受賞に日本中が大喜びだと思います。 

 21世紀になり、世界との距離が縮まったことは、日常の生活の中でも実感するところですが、また反面、日本の文化の根源にふれやすらぎを感じる人が増えているということが、津軽三味線の吉田兄弟など若い世代の台頭などでもあきらかになってきました。

 これからも日本の伝統音楽をたくさん聴いていきたいと思っています。

(2002/02/19・荻原幸子)