【事務所通信バックナンバー】

保険台帳の整備

 年末年始にかけて、毎年年末調整処理を行っています。その時ぐらいではないでしょうか、自分の加入している保険がどのようなものか気にするのは。大きな病気やケガで入院するなどしなければ、生命保険など毎月口座から自動引き落としされている程度で、内容などは加入したときに説明を受けただけで、現在では保険金額ですらあやふやになっている。このような方、会社は少なくはないのではないでしょうか?

 一度、ご自分、ご自身の会社で加入している保険を、台帳にまとめてみてはいかがでしょうか?このような景気下、ムリ、ムダの経費の見直しを実施しているお客様が多いようです。そのためにも台帳の整備は必要です。整備することでムリ、ムダの発見ができるでしょうし、逆に保全されていないものの発見にもつながるかもしれません。また、もし万が一保険事故が発生したときに、どこにどのような保険に加入していたかなど、対応の時間が全く違ってくるのも事実でしょう。

 生命保険、損害保険ごと台帳を整備し、ムダのチェックまた、保全額の適正チェック、満期があれば満期日のチェックにと有効活用できるのではないでしょうか?

 会計事務所としましても、そのような台帳の整備にお役に立てるよう、リスクマネジメントの一環として監査の折りなどにご指導しております。お気軽にご相談してみて下さい。

(2002/02/19・**退職者による記事**)