【事務所通信バックナンバー】

最悪の経済

 今は景気が悪い最悪の状態です。でも業績がよくないのを景気のせいにしてはいけないと思う。この不況下でも業績を伸ばしている企業は少なからずあります。

 話はかわりますが、不良債権問題といっても要は借りた金を返すという当たり前のルールを皆が守りさえすればすむことなのです。また、この不況も一生懸命に働くという当たり前のことに精を出す以外に克服する方法はないはずです。

 勤勉・倹約・情意等に象徴される日本の思想の原点を、わたしたち忘れてはいないでしょうか。

 かつて奇跡とまでいわれた急成長時代の日本人というのは、実によく働いていたと思います。朝から晩まで、脇目をふらずに働く姿を見てきました。こうした姿勢が今の日本人にあるでしょうか。

 お隣の中国では若い労働者達が、日本の1/10〜1/20という低賃金で、朝から晩まで猛然と働いています。豊かな労働力をもつこの人口約13億人の隣国に対して、我が国はいかにして競争力を保つべきか、真剣に考えなくてはならない時期にきていると思います。

(2002/02/19・荻原秀樹)