【事務所通信バックナンバー】

2002年 年頭所感

 2002年、本年もどうぞよろしくお願いします。

 本当の仕事の喜びとは、自分でも手の届かない高みに目標を据え、今日の一日の中に人生の満足も見いだすところにある。仕事の喜びはけっして山の彼方にあるのではなく、日々の汗の中にこそ存在している。すべての責任が自分の一挙手一投足にかかっている。そして、その手応えは常に肌にびんびんと感じられる。

 今、不況の嵐の中で多くの企業が経営の苦しみを味わっている。その中で、起死回生を狙って、無理な展開をして、悪循環に陥っている企業もある。私の関与先にはこんな厳しい時代の中でもよりよい一年であって欲しいと、今年も当事務所では、1月15日に来賓の方を招いて『荻原会計事務所経営方針検討会』を開催した。

 経営の神様松下翁が、ある経営者にむかって進言した。「もし毎日心配をせずに生きたかったら、経営をやめた方がよろしい。経営者の一番の仕事は心配することや。」この言葉は、なかなか煩悩が払えず苦しむ我々にとって「プラスで考えよ」とあっけらかんと言われるより、はるかに救いになろう。

 松下翁は今、天国でこうおっしゃっているかもしれない。

「君らな、もし心配するの嫌やったら人間やめるこっちゃな」

と──。

(2002/01/21・荻原秀樹)