【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 本年もたくさんのご厚情を賜りありがとうございました。

 あと数日で幕を閉じてしまう2001年。平和な21世紀の幕開けを誰もが期待したこの一年はなんとも悲惨なできごとの多くでいろどられた一年となってしまいました。

 経済面でも不況はいっそう深刻になり、引き続き厳しさのさなかを歩いていかなくてはならないことを実感した一年でした。

 このような世相の中で、映画界では宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』が大ヒットしました。世代を問わず、見る人皆を感動の渦に巻き込んだ作品でした。私も見に行く機会を得たのですが、その中でも湯婆婆という登場人物がいて、この人は欲深くてそれなりに悪人というところもあるのですが、またにくめないところもあり、大所帯、湯屋『油屋』の経営者として、お客様をとても大切にしている様子に感動しました。またもうひとつの感動。この映画の主題歌の『いつも何度でも』の中の

繰り返すあやまちのそのたび人は
ただ青い空の青さを知る
果てしなく道は続いて見えるけれど
この両手は光を抱ける
という歌詞。歳月を重ねていくとああすればよかった、こうすればよかったという小さな後悔の念は限りなく積もり、苦しむところとなりますが、この歌を聞いた時、「ああ、誰でもみんなあやまちを繰り返すんだ」と気付いた私は、気持ちも軽くなりこれを2001年の最大の収穫として、また新しい一年に全力投球しようと思っている次第です。もちろん仕事上ではふりかえって訂正などということのないようにしっかりその場を固めていきたいと思っています。この一年お寄せいただいたご厚情に深謝し、ひきつづきご指導ご鞭撻の程お願い申しあげます。

(2001/12/21・荻原幸子)