【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 毎年この時期になると「今年一番活躍した人は?」などという話題を耳にすることが多いものです。私はその一人にシアトルマリナーズのイチローを挙げたいと思います。正直言って、私はそれほど野球に興味があるわけではありません。しかし、以前から「イチロー」という人はとても気になっていたので、彼の特集番組やインタビューなどはよく見ていました。

 「振り子打法」というのを覚えていますか。右足を大きく振る彼独特のスタイルが何故高打率を生み出すのか、分析を試みる番組もあったほどでした。しかし彼はその当時「振り子打法とは呼ばないで欲しい」と言っていました。曰く、「自分のスタイルはまだ発展途上の段階で出来上がったものではないから」ということでした。なるほどその言葉の通り、彼の今の打法は「振り子」とは程遠いものになっています。大リーグ移籍1年目でMVPを獲得するほどの一流選手が、それでも現状に満足せず、考え、実践し、分析し、常に上を目指している。多くの記録を生み、高い評価を得た「振り子打法」をあっさりと捨て、常に最良のものを目指す貪欲さ、謙虚さは野球選手でなくても大いに学ぶべきところでしょう。私自身仕事にも随分慣れ、自分なりの仕事に取り組むスタイルにもそれなりの形が出来てきたと思います。しかし、今のやり方が一番だとは思っていません。

 今年は色々なことがあり、あれこれと考えを巡らせることが多かった一年でした。その分次へのステップのきっかけも沢山つかめたように思います。それらの実践がどのような実りをもたらしてくれるのかはまだ分かりませんが、イチローのように常に模索することを怠らない自分でありたいと思います。

 今年一年お世話になった皆様、誠にありがとうございました。来年も変わらずご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申しあげます。

(2001/12/21・相原愛紀)