【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 監査のおり、良く聞かれる言葉は「よその企業さんはどうでぇ」とか「もうかっている会社なんかあるけぇ」などこの低迷し続ける世の中を反映したものが多くあります。また、「いつになったらよくなるのかな」とか「ますます厳しくなる」という意見の言葉も良く耳にします。毎年毎年この1年を振り返ってという題でネットワークの原稿を書いていますが、年を追うごとに厳しさが増していくような感は否めません。元気を出して前向きに、中小企業が元気になれば世の中も良くなると何年も言い続けてきましたが、なかなか現実のものとならないのが現実です。

 そのような中、監査担当者として関与先企業様の役に少しでも自分は立っているのだろうか、とふと疑問に思うことが最近あります。どうでしょうか?会計事務所、監査担当者は会社の何かのお力になっていますでしょうか?何かとこちらからは税務会計面では一方的ご指導となってしまっているかもしれません。経営指導面からしますと、まだまだ十分にお力になっていないような感じもいたしております。この点につきましては反省として、来年以降自分自身頑張って関与先企業様の立場になってご指導等できればと考えております。また、関与先企業様も会計事務所を積極的にご利用していただければと思います。よくある話ですが、案件が終了してからの税務会計上、経営上の相談というのがあります。他にうまく処理する方法もあったのにということがしばしば見受けられます。その相談のためにも月一度の月次巡回監査を実施しています。積極的利用をしてみて下さい。

 個人的には今年、おかけさまで念願であった自宅の新築をすることができました。長期のローンを組んでの実施でしたが、今後は実母の扶養にローンの返済という大きな責任も加わりました。また、来年には結婚する事も考えております。個人的にも責任重大になっていきますので、仕事の面でも確実に関与先企業様の立場になった業務をこなしていこうと思っております。頑張ります。来年もよろしくお願いいたします。

(2001/12/21・**退職者による記事**)