【事務所通信バックナンバー】

アイメッセ山梨

 アイメッセ山梨では今までにも多種多様な催しが行われてきました。いつも心ひかれながら一度も行ったことのなかった私ですが、この11月に三度も足を運ぶ機を得ました。

<その初回>
 『マルチメディア2001inやまなし』山梨テクノフェア&マルチメディアエキスポ

 山梨県でマルチメディア祭が開催されることは夏頃から気になっていましたが、このIT時代にあって、どうしても見ておかなくてはという気持ちから抜け出せずに、最終日の11月10日土曜日会場へ足を運んでみました。

 会場は、人、人の波。小さな子供さんから10代、20代、30代…とすべての年代をカバーし、80代を超えるご年輩の方までが訪れていて、マルチメディアに対する高い関心を目の当たりにしました。

 企業よりの出展では、山梨県下を中心としたたくさんの企業から様々な先進技術の展示がなされていました。私どものこのNETWORKを読んでくださっている企業さんからも出展があり、たいへん嬉しく拝見させていただきました。私たちもIT関連には注意を払って情報収集に心がけているつもりですが、ここに出展されている企業のみなさんの熱意には遠く及ばないのではないかと圧倒されました。

 政府系の出展の中では情報バリアフリー技術などをはじめとして、福祉や介護の部分に応用されたものなどが目をひきました。科学の進歩がかならずしも人間のしあわせにつながるとは限らないということを認識した21世紀の私たちにとって、先進技術がこのような形で使われていくことはたいへんすばらしいことだと実感しました。また、独立行政法人通信総合研究所の冊子の中から

「国境や民族の壁を乗り越え、
 文化や信条の違いを認め合いながら、
 地球のすみずみの人たちと、
 心が通い合える、インフォメーション・テクノロジーIT。
 21世紀の穏やかな地球家族は、きっと、
 理解し合うことから始まるに違いない。
 じ合い、じあう技術を考える」
という一節がありました。今の痛々しいアフガニスタンの国情を思ってみても一日も早くそれらの理念が実現される日が来て欲しいと感じました。

 駆け足でみせてもらった『マルチメディア2001inやまなし』の山梨テクノフェア&マルチメディアエキスポでしたが、開催テーマにもある「人々の社会生活の資的向上を重視し、住む世界を超えた人々との自由な交流を通じて、すべての人々が自己実現を図ることにより幸せを実感できる、個性的、魅力的で人間味あふれる社会をめざす」ということの意味をこれからの生活の中でも考え続けていきたいと思いました。

<第2回・3回 IT研修会参加>
 前号でもお知らせしましたようにアイメッセ山梨では、様々なIT研修会が催されています。当所からも今までにパソコン基礎研修やホームページ作成研修に参加させていただいていました。私もExcelの研修会とPower Pointの研修会に参加させていただきました。参加当日、少し不安でした。みんなについて行けるかな?ふだん慣れていない機種を操作できるかな?未経験のソフトでもわかるかな?本当にドキドキするものですが、(小心者なので)参加してみて、やはり皆様の熱意には驚かされ、様々な年代の方々が、様々な目的のために一心に挑戦していらっしゃる様子に何事にも前向きに進んでいかなくてはいけないと実感しました。また、当事務所の関与先の方も参加されていて、嬉しく思いました。来月はインターネット活用セミナーということで、実際にインターネットを活用して生産物の産地直販を行い成果をあげていらっしゃる山梨市の方の講演を聞かせていただきたいと思っています。

 これらの研修会を企画運営してくださっているのが、この(財)やまなし産業支援機構の方々ですが、このように有意義な研修会を身近で開催してくださることは本当にありがたいことです。一年前、私はある研修会に参加するのに電車に飛び乗っては降りの連続で午前10時東京の天王州アイルで開催された研修会にやっと間に合いましたが、今回、隣の席の人に「えっ、牧丘?遠いね?遠いね!」と驚かれてしまったことにも余裕をもって「まあそれほどでも」と答えられたような次第です。

 余談はさて置きまして、(財)やまなし産業支援機構では、中小企業に対してもこの研修会の他、様々な支援をおこなっています。補助金制度や研修費負担制度、また、遊休設備情報などもあります。一度、ホームページにアクセスしてご覧になることをお薦めします。

 http://www.yiso.or.jp (財)やまなし産業支援機構アドレス 

 また、インターネット環境がまだ整っていらっしゃらない方は、詳細を事務所までお問い合わせいただいても結構です。

 紅葉に彩られたアイメッセ山梨の優美な建物を前につくづく勉強しなくては、と実感した11月でした。

(2001/11/19・荻原幸子)