【事務所通信バックナンバー】

プールに水一滴

 いつまでも右肩上がりの進歩ではない時がやってきて、必ず不満の時がやってくる。全てに己の意のままにならなく、壁にブチ当たるときが必ずやってくる。

 そのときに「心」が要ると思う。心とは、すなわち「忍耐」であると思う。いつしか読んだ本に同じ場所で同じ事のくり返しをすることが必要であると書いてあったが、スポーツ、文学、芸術、そして職人芸といわれるものは、同じ事の繰り返しが求められる。

 私の事務所の巡回監査もそうではないかと思う。私の年齢も50才を越え、シンプルにすることがいかに難しいか、何事もシンプルにすべきであると痛感します。

 私の事務所に5月より新人が入所してきた。新人には国の補助金が付けられていた。そのことを通して考えたが、新人の失敗これは仕方のないことだが、経験の浅さ故の失敗は成長の糧であります。この国、日本に暮らす限り、最低限この国から恩恵を受ける一方で納税の義務や教育の義務など、最低限の守るべき事柄がある。義務を守り遂行することは、日本という国を継続することであり、日本国民として生きていく平等なる権利を受けるがための資格となると思う。

 新人も一人前の社会人として育って欲しいという思いで一杯です。そして世間で一生懸命に生きている人達に対して敬意を表し、尊敬することのできる人になって尊敬される仲間に入って欲しいと思う。

(2001/11/19・荻原秀樹)