【事務所通信バックナンバー】

身近なところで展開しつつあるIT

 今年1月6日、「高度情報通信ネットワーク社会形成基本法(IT基本法)が施行され、各地でIT講習会が頻繁に開催されるようになりました。今まで、ワープロを修得したいと思えば、わざわざ遠いところに出向き、しかもその講習料にまとまった代金を払わなくては実現できないという状況であったものが、この基本法が制定されてから、本当に身近な場所で、テキスト代負担ぐらいの費用で参加することができるようになりました。すでにご案内のいっている方もいらっしゃると思いますが、(財)やまなし産業支援機構主催の「IT講習会」、参加した人の話では、専門家がとてもわかりやすく、ていねいに教えてくださるということです。

 時間は午前9時から午後の4時まで、2日間。一日目はパソコンの基本操作、ワープロ文書(Word)の作成、2日目は電子メールの送受信、インターネットの利用を教えていただけるようです。 また、表計算(Excel)の基礎研修も予定されていて、こちらは一日合計6時間という設定です。

 尚、ホームページ作成(使用ソフトHomepage Builder)研修も実施されています。この研修会の案内の新聞記事を見て、さっそく申し込みをしたところ「掲載された日の朝にはもう定員いっぱいになってしまいました」という返事でした。その後好評につき追加の日程の案内をいただき、当事務所からも参加してまいりました。やはり、とてもわかりやすく、有意義な研修だったということです。また、山梨市商工会よりパソコンオペレーションの初歩からインターネット、ワープロ、表計算と13日間かけた総合的にパソコン操作を学べる講習会のご案内もいただいております。地区内商工会員、商工業者及びその従業員対象ということですが、身近で質の高い研修を受講させていただけることは本当にありがたいことです。

 ある日事務所のコンピュータのWindowsの初期画面から「お気に入り」を開いたところ、関与先の方のホームページが2件新しく登録されていました。画面を開くととてもすばらしい内容に感動しました。関与先の方がIT技術をつかいこなして新しい分野を開拓していかれることは、私どもにとってもたいへん嬉しいことであり、またそこから多くのものを学ばせていただいております。

 話はかわりますが、平成13年11月8日(水)から11日(日)『全国マルチメディア祭2001inやまなし』が 〜ぬくもりある生活空間の創造〜 をテーマに開催されます。案内文からは「本格的IT社会の到来といわれるなか、山梨県では、県民誰もが、様々な情報をやりとりし、活発に活動し、また、様々な人々との連携を深めながら、共に生活している社会を目指して、『山梨県情報化構想』を推進しています。このような中、平成13年11月に、山梨県で、「全国マルチメディア祭2001inやまなし」を、関東ブロックで初めて開催します。」と意気込みが感じられます。今後ますます生活の中にITが根付いてくることが予測されます。

 税務の方でも国税庁はすでに電子申告実験を実施するなど電子政府構想の実現にむけて準備をすすめています。電子申告によるメリットは自宅にいながらインターネット等で申告することが可能、土、日、祝日に関わりなく24時間送信可能、経理の電子化が進んでいることから、経理処理、税務申告データの作成といった一連の作業を電子的に処理することによりペーパーレス化によるコストの低減が可能、などがあげられるということです。

 本当に身近なところまでおりてきたIT。また、皆様の取り組んでいらっしゃるIT化のお話をお寄せいただければ幸いです。そして、私どもも有効なアドバイスがおこなえるよう研鑽をつんでおりますので、なにかとご相談いただければ幸いです。


(財)やまなし産業支援機構主催の研修会について詳細が必要な方は事務所までお問い合わせください。

(2001/10/19・荻原幸子)