【事務所通信バックナンバー】

NIMDA

 9月18日、米国で発見された新種のコンピュータウィルス「W32NIMDA」が猛威をふるっています。県内での被害も多く報告されていて、恐ろしい限りです。

 このウイルスの特色は、

  • ネットを通事企業のサーバーからサーバーへ自動感染。
  • また、パソコンが感染した場合、所有者が気付かない間にアドレス帳に登録してある知人や仕事上の取引先などにむけて勝手に汚染メールを送りつけてしまう。
  • メールには「readme.exe」と題した添付ファイルが付き、受け手がこれを開けると感染する。
  • 感染したサーバーやパソコンはしばらくして保存データが破壊される。
  • 一度に大量のデータが一斉に送られた場合、回線のパンクなどがおきる。
ということです。

 「W32NIMDA」この名称は「Admin(政府)2(to)3W(War)」つまり、「第三次世界大戦へ向かう政府」という意味の言葉を逆から書いているのだという説もあり、一連の米国同時多発テロの一環として通信回線をねらったものだとする向きもあり、FBIが捜査にのりだしているということです。

 米国同時多発テロの犠牲者の皆様に対して本当に哀悼にたえません。まさに言葉をなくすという状態です。事件の日以来多くの報道がなされていますが、その中で、こんな話が印象的でした。サウジアラビアのビンラディン氏もかつて通っていたとされる大学院で教鞭をとられていた方が、サウジアラビアでは、教官も学生達も集えば必ずのように「なぜ、イスラム国家は西欧に遅れをとってしまったのだろうか。イスラムは素晴らしい文化を持ち、かつて十字軍の頃までは、強大な勢力を誇っていたのに」といって嘆きながら議論を繰り返しているということです。若者達も本当に真剣に自国の発展について心を悩ませているのだと感動的でした。このようにイスラムには素晴らしい文化があるのだと思います。私は、改めて世界文化遺産という雑誌を眺めてみました。そこにはキリスト教に関して東方正教会、ローマ・カトリック教会、プロテスタント教会と現在10億人といわれる信者の大半をこの3教派がしめるとありました。そして、イスラム教については現在の信者は、北アフリカや西アジア、インド、東南アジアばかりでなく、欧米にも広がりつつあり、約10億人に及ぶとありました。私にとってなじみの薄いイスラム教ではありましたが、実に全世界で10億人もの人が信者となっているたいへん影響力の強い宗教だということがわかりました。文化遺産として紹介されている建築物などなど素晴らしいものばかりで、歴史の重みを感じさせます。多くのイスラム国家がテロを許さないと所信を表明しています。そして、「イスラムの教えは平和な世界を築くことにある」と言っています。

 このようなテロが許されてはならないという強い憤りと、罪もない人々が(どちらの局面に立っても)災禍の中になげだされなくてはならなくなるという不安を前に全世界が揺らいでいる状態だと思います。このような複雑な問題の解決の糸口を探っていくのは本当にたいへんなことですが、一日も早く全世界にとって平和な日々が訪れて欲しいと思います。

(2001/09/21・荻原幸子)