【事務所通信バックナンバー】

争続にならない相続とは

 当事務所にも多くの相続の依頼があります。一般的に相続というと、財産(物)を分けるというイメージが強いようです。ですが、相続の「相」という字は、人相・面相・などと使われるように、本来「すがた」という意味です。ですから相続とは、「相を続ける」という意味で、被相続人の生きざまや背景やしがらみを相続人が続けていくことです。

 相を続けていくためには、基盤を継承しないと続けられません。基盤というのは健康であり、経済であり、教養であり、家庭であり、精神であり、社会です。亡き人の教養、家庭での大切なこと、一番拠り所にしていた精神性のもの、社会との関わりなどを受け継ぐのが基盤を継承するということでしょう。亡き人の意思を尊重し、物心両面で基盤を継承していくことが大切です。物のみにとらわれない相続を考えてみたいものです。

 相続をスムーズに行うために、父親は自分の人生観やポリシー、金銭や財産に対する考え方などを生前からきちんと表明しておくことが大切でしょう。単刀直入に言えない場合は、日頃の日常会話のなかでさりげなく伝えておくという方法もあります。

(2001/09/21・荻原秀樹)