【事務所通信バックナンバー】

会計ソフト、どれを選びますか?

 最近ではパソコンを業務の中に取り入れるのは、もはやごく普通のことになってきました。皆様も電気店のPCコーナーやパソコンショップなどに立ち寄られて、ソフトウェアのコーナーに多種多様なソフトが並んでいるのを目にされることも多いと思います。私も職業柄、ソフトウェアのコーナーでは会計ソフトに目がいってしまいます。大抵は数種類置いてあって、中にはかなり安価なものもあり、その値段の安さに驚かされます。こういった市販ソフトをどこの事業所でも利用するようになったら…と思うと、我々もうかうかしてはいられないなと身の引き締まる思いがします。

 当事務所でも会計ソフトの用意があることは、すでにこの事務所通信でも何度かお伝えしてきましたし、導入のご提案をさせていただいた企業様もありますので、ご存じかと思います。しかし、一般的に会計事務所の勧めるものは市販のものに比べて高いという印象があるのか、導入には至らなかったケースもあります。そこで今回は市販ソフトと当事務所のお勧めするソフト、どちらにどういうメリット・デメリットがあるのか考えてみたいと思います。

 まず市販ソフトのメリットですが、やはりこの不況下にあって皆様が一番気にされている点、全般に価格が安いため支出を最小限に抑えることができる、ということが挙げられると思います。2〜3万円程度で、買い取りできるため割安感はかなり強いようです。一方、当事務所のものは買い取りではなくレンタルでご利用いただくため、毎月レンタル料が発生します。継続して使用していくものですから単純に年間費用だけで考えてもかなりの開きが出てしまいます。ただし、市販ソフトは自社で責任を持って運用していかなければならないという点では面倒なこともあります。ソフトウェアには必ずプログラムの障害が付き物です。ユーザー登録をしたり、ソフトウェア会社からの情報に耳を傾けたりして、自分でアップデートをしなくてはなりません。障害だけでなく、税法その他の変化に対応したバージョンアップも自己責任ということになります。意外と面倒なこの作業、後回しにしたりして旧いものを使っていたために正しく計算されていなかったなどという事例もあるようです。またバージョンアップに関しては有償としているものが多いようです。当事務所でお勧めするソフトの一番のメリットはこの点です。巡回監査によって必ず月1回の訪問をしておりますので、プログラムのアップデートの作業・責任は全て会計事務所持ちです。お客様は安心して使っていただくだけという手間いらずなところは、費用面の開きを埋めるのに十分なものではないでしょうか。

 インストールやアップデートくらい最近のパソコンでは、決して難しい作業ではありません。その点だけとらえると「わざわざ会計事務所に依頼しなくても…」と、お考えになるのは当然のことだと思います。ただしインストールしてからの作業、つまり自社で使える環境にセットするのは結構な手間です。経理に関する自社情報、試算表の各勘定科目残高、取引先のデータ等々、多くの情報を正しく入力して初めて本当に「使える状態」になるのです。会計事務所にご依頼いただければ、使える状態にしてお渡しすることができます。操作の問い合わせも慣れ親しんだ担当者に聞くことができますし、私たちも会計の知識を駆使してご指導することができます。単にパソコン操作のテクニックだけでは、正しい経理はできないということです。先にも書いたとおり、単純に価格面では市販ソフトに対し競争力は低いと言わざるを得ません。しかし、実務ソフトで重要なのはなんと言っても運用面であると思います。企業としてはコストを意識しないわけにはいきませんが、サービスによってもたらされるメリットを是非ご考慮ください。そして実際に使う段階のことを想像してみてください。私たちはこの点で自信をもって皆様にTKCの会計ソフトをお勧めしています。

(2001/09/21・相原愛紀)