【事務所通信バックナンバー】

自計化推進

 このネットワーク紙面で、自計化について何度か触れさせていただきました。先日の経営者向けセミナー内においても、巡回監査を通しての経営革新という内容で、自計化の重要性を説明させていただきました。セミナーに参加していただいた経営者の方々には、経営革新の中での自計化の位置づけというのがご理解されたものと思います。参加されなかった企業様にも、経営革新での自計化の重要性を再度確認していただくため、今回説明させていただきます。

 まず、巡回監査の意義として関与先企業を毎月及び期末決算時に巡回し、会計資料並びに会計記録の適法性、正確性を確保するため、会計事実の真実性、実在性、網羅性を確かめ、かつ指導することとなっています。また、巡回監査を通して経営の意志決定に役立つタイムリーな情報提供が必要とされています。このタイムリーな情報という所が重要となってきます。現在のご自身の会社の状況はどのようになっていますでしょうか?簡易的には把握はできているでしょうが、細かい実体値把握は巡回監査を受けないとわからないというところが本当のところではないでしょうか?今まででしたらそれでも良かったのでしょうが、増々混迷していくこの世の中では今現在の把握というのが重要です。経営の基本は人・物・金・情報・スピードと言われております。自計化することにより、財務データから経営の基本データをタイムリーにかつスピーディーに入手する事ができます。そのデータを元に経営戦略をいち早く検討できるというメリットが生まれます。また、巡回監査においても今まで以上に業績検討や経営計画の策定の時間が作れますし、会計事務所からの高付加価値商品(継続MAS)の提供が受けられるメリットも生まれてきます。補助帳簿など手書き帳票の作成がなくなりますので、経理担当者の時間の効率化にもつながります。

 自計化をお考えの企業様にあっても、うちの会社は小さいからとかお金がかかるからなどという理由から、自計化されていない企業様があると思います。自計化に大小は関係ありません。予算についても無理のない範囲でのご提供をさせていただいております。是非、この機会に自計化導入の検討をしてみてはいかがでしょうか?詳細につきましてはそれぞれの巡回監査担当者または会計事務所のほうへおたずね下さい。

(2001/08/22・**退職者による記事**)