【事務所通信バックナンバー】

プールに水一滴

 先日の戦略経営者セミナーにご参加下さり、ありがとうございました。万全の準備をしたのですが、細部まで行き届かなくてご迷惑をおかけしたことをお詫びします。

 当事務所では、関与先を毎月訪巡して会社の業績をきくという、巡回監査を基本にしてきました。

 会計事務所が間違っていることを指摘して教えるのではなく、何かを感じてもらって、それから動いてもらうということです。

 企業によっては素晴らしい業績を上げている企業もあるのですが、蓄財をしているかということではなく、自分の与えられた資源を確実に使い、それが自分に与えられた勲章であると認識している企業です。

 仕事もスポーツも基礎訓練をしているとその後伸びていくが、基礎訓練は退屈で苦しいことに耐えてやるから伸びるための力を蓄えることができ、徹底していくことが次への飛躍につながる。

 今の日本は力を蓄える素晴らしい時期であると思う。それは境遇が厳しいときに天が力をくれてチャンスを与えてくれることと思う。かつて日本はエコノミックアニマルといわれ世界中から叩かれてきたが、再び日本が日の目を見るときは、素晴らしい成長を遂げ経済ばかりでなく、文化も最高に発展すると思う。

 この時期に力を蓄える、本当の又とないチャンスにめぐり合わせたと思ってほしいと思います。

(2001/08/22・荻原秀樹)