【事務所通信バックナンバー】

AUDIT

 audit(オーディット)−聞き慣れない言葉だと思いますが、英語で「会計監査する」「聴く」という意味の言葉です。監査担当者が会計資料を拝見し、監査を終えた後パソコンで仕訳を入力するのですが、その時に使っているシステムには、「AUDIT」という名前が付いています。入所当時、研修でこの言葉の意味を教えられ、監査の基本はお客様の話を聴くことだ、と言われたことを思い出します。そして今改めて、聴き、そして話すことの大切さを痛感しています。

 私にとって人と話をするというのは、以前は一番苦手な事だったのですが、この仕事に就き、監査に出かけるようになって、それも克服することが出来たように思います。最近ではむしろ皆様とお話をさせていただくのが楽しみになりましたし、様々な業種の色々なお話を聴くことができるのも、まだまだ世間の狭い私にとっては貴重な経験です。残念ながら事情によりゆっくりとお話しする時間を持てないお客様もいらっしゃいますが、それでも何とか時間を見つけて、決算申告の時ぐらいは…と考えています。苦情やご意見など、我々にとって耳の痛い言葉も真摯に受け止めるべく、ひざを交えて、常に聴き、話す姿勢を忘れないようにしたいと思います。「聴く」「話す」ということは、思いを言葉にし、明確な「形」にする作業でもあります。昨今の通信手段の発達にはめざましいものがありますが、非常にアナログで地味なこの作業も決してないがしろに出来ないものなのではないでしょうか。

 最後に余談ですが、実はこのAUDITというシステム、改訂により違う名前に変わってしまいます。私はなかなか良い名前だと思っていたので少し残念なのですが、今後も皆様のところに伺って、パソコンを起ち上げる時にはAUDITの精神を思い出し、監査に臨みたいと思います。

(2001/07/19・相原愛紀)