【事務所通信バックナンバー】

メルマガ効果を考える

 小泉内閣メールマガジンが創刊され、たいへんな人気を呼んでいます。7月5日現在で全登録者数約211万人、インターネット利用人口を3723万人とすると、そのうち5.7%、また、全人口1億2692万人とすると、1.7%の方が登録している計算になるということです。(【小泉内閣メールマガジン2001/7/12】号より)

 このメールマガジンを初めて読んだ時、とても感動しました。それは、素顔の首相の考えがよくわかったからです。同じ物事でも複雑な書き方をしたり、簡略に書いたりそのスタイルは様々ですが、人の気持ちはひとつ、ということを感じさせる内容でした。

 ふだん、首相の言葉というと新聞や政府刊行物というような活字を通して知ることが多いものですが、とりわけ、マスコミを通じての報道には作る側の意向が多分に反映されてしまうことが多いと思います。

 私が、以前とある大会を見学し、その会の優勝者の人のインタビューを眺めていたところその方は、かなりいろいろなことをバランスよく答えていたのにその日家に帰って見たテレビ放送では、なんと一言流れるのみ。これはもちろん編集の都合上時を争って番組を組んでいる放送というものにおいてはやむを得ないことだと思いますが、真意を伝えることができなかった人の無念さはどこで晴らされるのでしょうか。

 このような中で、このメールマガジンに書かれている内容は、やさしい言葉での語りかけに読者への思いやりを感じさせながらも、真意はしっかり伝えるという意味でとてもすばらしいと感じました。作り手が最後まで作り手の意志を強く持ちながら、しかもこんなに多くの人に情報発信できるということ、情報革命の効果ということでしょうか。

 『IT基本法』が施行され、各地で研修がおこなわれ、今ではかなりさかんにメールも使われるようになりました。このような手段を日常の中でたくさんとりいれていきたいと思います。

 荻原会計でも、所内から監査担当者への連絡にiモードメールを取り入れ、円滑化を図っています。また、昨年7月に開設したホームページも一周年を迎え、今年は会計事務所の業務をわかりやすく知ってもらうことに重点を置き、全員で分担を決め、ページを担当していくことになっています。そして、会計事務所の所在である山梨市の様子などもお届けできればと思っています。この一年皆様方からもたくさんの励ましのお言葉やご感想をいただきありがとうございました。今後ともひき続きよろしくお願いいたします。

 『IT時代』、何をどのように企業の活動に取り入れていけばよいか、私たち自身、アンテナを高く掲げ研修を重ねていきたいと思いますので、また何かとお声をかけていただければ幸いです。

(2001/07/19・荻原幸子)