【事務所通信バックナンバー】

保険活用事例

 会計事務所の業務として、関与先様のリスクマネジメントでよく生命保険等を巡回監査担当者がおすすめすると思います。景気がよい頃であれば節税対策商品として、現在では借入金の残高に合わせた商品、また、退職金の準備としておすすめしているところです。

保険というと、事故等が起きないと活用されないという認識だけかもしれません。私自身もそう考えておりました。万が一亡くなってしまったとき、けがや病気をしたとき会社個人を金銭面からのリスクから守ってくれるもの。しかし、今回、事故が起きていないある関与先であった活用事例を紹介いたします。こちらの事案もリスクから守られたものです。

 ある月末を2日後に控えた日、関与先様から電話がありました。取引先からの「振り出した手形が決済できない」とさっき連絡があった。どうしよう。というものでした。月商に値する額が不渡となってしまう。仕入先に裏書譲渡してしまっている。買い戻さなければならないが資金がない。金融手当しようが時間がかかり、信用不安がでて仕事に支障をきたす可能性がある。典型的な連鎖の形となってしまっていました。こちらの関与先様は、退職金の準備として大同生命のL型の定期保険(全損)に加入していただいていました。全額経費に計上できているのにも関わらず解約返戻金があるという商品。その保険で、保険契約はそのままで契約者貸付制度というものを利用できることを思い出しました。早速大同生命に問い合わせたところ、ちょうど買い戻し資金が貸し付けできるという返答。また、手続き後2日以内には資金が手元に来るということでした。この貸付制度を利用したのは言うまでもありません。信用不安も解消され事業継続が可能となった現在、保険を勧めてもらってよかったとおっしゃっていただけました。今後の対応としては、貸し付けられたままでは金利も若干高めの設定となっているため、金融機関への借り替えができるよう継続MASを利用した経営計画を作成する予定です。

 こちらの事案も万が一の備えがあったからこそのものです。保険なんて、景気が悪くてお金が無いから入れないではなく、お金がない今だからこそリスクに備えた対応が必要ではないでしょうか?リスクマネジメントについては監査担当者へお気軽に相談してください。

 末筆となりましたが、今回の事例を掲載させていただくことに快く応じていただけました関与先様には、この書面をお借りしましてお礼申し上げます。

(2001/06/21・**退職者による記事**)