【事務所通信バックナンバー】

古いチーズ、新しいチーズ

 先頃巷で話題になっていた『チーズはどこへ消えた?』。アンチ本(?)の『バターはどこへ溶けた?』も出版されたりして、未だに話題には事欠かないようですが、お読みになった方はいらっしゃいますか。私は友人の薦めもあってこの本を読んでみました。変化をおそれず、新しいチーズ(新境地)を探していこう、という内容を寓話で説いている本です。

 今、あらゆる点で変革が求められています。政治、経済、法律、倫理…みんなこのままではいけないと思っているはずです。企業経営においてもそれは例外ではありません。大企業とて、解雇・資産処分などの大胆なリストラを実行し、次々と新戦略や新商品を打ち出し、激しい価格競争を繰り広げている。実績や伝統のある企業でも、もはや過去のやり方は通用しない、と割り切って常に新しいものを模索しなければ生き残れない状況なのです。それまで積み重ねてきたものをないがしろにするということではありません。しかし、その時その時のベストなものを選択してきたからこそ伝統という一つの価値ある形ができたわけですから、今は今として「今のベスト」を選択しなければ、将来「伝統」と呼べるものも無くなってしまうかもしれません。

 では、我々中小企業はどうでしょうか。大企業がどんどん変わっているのに中小企業が旧態依然としたままでは、取り残されることは必至です。中小企業こそ小回りの良さを生かして積極的に変わっていかなければならないのではないでしょうか。先日訪問した会社の社長さんがこんなことをおっしゃっていました。この会社は今業態が大きく変わりつつあります。「実は、今の形になる前に大きな仕事の話もまとまりかけていた。でも一旦その仕事を取ってしまうと、その後もずっと同じ規模の仕事を取り続けて走り続けなければならない。安定した需要が見込めない今、この仕事の需要がなくなったら会社も終わってしまう。」結局この仕事の話は断って、今の新しい業態でのスタートに踏み切られたそうです。

 変革には痛みも危険も伴います。しかし、現状維持などと言っていると、変わっていく周囲から取り残され、維持どころか後退してしまうという現実。今の食べ慣れたチーズの味も捨て難いのですが、どこか違う場所にもっとおいしいチーズがあるのでは?

〈参考文献〉スペンサー・ジョンソン『チーズはどこへ消えた?』/扶桑社

(2001/06/21・相原愛紀)