【事務所通信バックナンバー】

高度情報化社会がもたらすもの

 高度情報化社会という言葉を耳にするようになってから、かなりの月日が過ぎている。近年の税理士業界をめぐる環境は、以前のそれに比較して、急速に変化しています。

 以前はソロバンを片手に手書きの帳簿を作成することが主たる日常業務であったものが、電卓の出現により、珠算という特殊技能を不要にした。さらに、オフコンの出現により、作業の効率化が図られ、帳簿の作成から申告書の作成に至るまでの課程で、「手書き」という作業がコンピューターの入力作業に代わってしまった。

 現在ではパソコンの普及と低価格化、日常業務に必要とされる各種ソフトウェアなどの要因により事務の電算化は更に進み、関与先による自計化が進められるようになった。

 私達の想像を遥かに超えるスピードで、コンピューターの高性能化が進み、この先どのような形で私達の生活と関わるようになるのか、思いも寄らない展開が待っているのかもしれません。

 コンピューター技術の発達がもたらすものは、つまるところは情報化の進展です。いままでは、本当に役立つ情報を集めようとすれば膨大な時間とお金が必要だったのが、これからは素早く安価に様々な分野の情報を入手できるようになるわけです。このことは企業経営にも革新をもたらすことになります。景気の低迷が続く昨今においても、パソコンの売上高は大幅な伸び率を示しています。又インターネットによる情報提供にも目を見張るものがあり、これに接続するためのプロバイダ等への登録も急激に伸びています。企業は勝ち組となって生き残るためには情報化の整備を急ぐ必要があるとおもいます。

(2001/05/23・荻原秀樹)