【事務所通信バックナンバー】

春愁

 三月までは、まだまだ寒さから逃れられず、厚着することばかり考えていたのに、季節はひとつに留まることを知らず、桜、桃、りんごの花と次々に開いてはその美しい姿とともにまた、新しい季節を呼び起こしていきました。ひとつの花を眺めては、その美しい光景に浸っていたいと思うのにそんなゆとりも持てないままに季節はどんどんうつろってしまいます。さすが、厚着好きな私でも、今日この頃の陽気ではよほど薄く薄くと心がけなければ季節についてはいけません。この自分をとりまく環境の変化、しかもすごいスピードで訪れるこの環境の変化を乗りきっていくのには、かなりのこころがけが必要だと実感してしまいます。世間を見渡せば、新しいランドセルを背負った子供たちをはじめとして新学年を迎えた子供達の輝き、また、新生活の始まった社会人の人達の生き生きとした姿。みているだけでまばゆい感じがします。ところが、自分はと見てしまうとこの季節の流れにも乗り遅れている有様。つくづく心がけをよくしなくてはと思う今日この頃です。

 こんな中でやはり、皆様よりいただける様々な一言が、私にはとてもありがたく、自分自身の成長の糧になると心から感じています。事務所への問題提起、要望、なんでも結構ですので、お寄せいただければ幸いに存じます。自分の目の前だけしか見えないような歩み方をするのではなく、真に必要なものに気づくためにも是非皆様からのご意見をよろしくお願いいたします。

(2001/04/23・荻原幸子)