【事務所通信バックナンバー】

ニーズ

 長引く不況下の中、成長をしている企業も少なくはないようです。世の中、デフレスパイラル状態に陥っている今日、どのような企業が成功しているのでしょうか?私はこのNETWORKで何度か書いたことがありますが、成長企業はやはり、顧客ニーズを的確にとらえているのではないかと思います。また、独自の販売方法や独自の技術や製造法、独自な商品をもっているのではないでしょうか?

 しかし、成長期においては、そのようなものがある程度の価格で商売が成り立っていたはずです。しかし、デフレ期における顧客ニーズ(不況下でのニーズ)は゛価格″になってきているように思われます。例としてはユニクロ、甲府バイパスに店舗がありますが、私の自宅方面から甲府方面に車を走らせているといつも左車線で渋滞がおきているほど盛況です。また、各地に出店されているアウトレットモール。御殿場にあるものに一度行ったことがありますが、こちらも長蛇の列。価格も安いということらしい。(私自身興味があのような商品にはないものでわからないのが実際ですが)このように特出した成長企業があらわれると必ず出版されるのが、成長の秘策やら成功の裏話的本。それが私たち中小企業にすぐにあてはまるかと言えば違う。根本的には経営努力、経営計画という点ではあてはまるではあろうと思います。経営努力、また市場調査の徹底や顧客ニーズへの的確な対応が成功の鍵となっているのではないかと思われます。それが今は゛価格″。牛どんの吉野家が牛どん一杯250円セールをしました。商品がおいつかない店舗もでるなど新聞に謝罪広告がでるほど異常ともいえる状況になったようです。では、反面、経営としては、成り立つのでしょうか?若干疑問視せざるを得ない感があります。450円→250円。かなりの経営努力が必要。材料等の納入業者にもある程度の努力はかせられるでしょうし、働く方々の給料面などへの影響も考えられます。買い控えが進む中、消費者である方々の給与水準が低下する。高ければ売れないから安くする、安くするから、給与などにもはねかえる、給与が減ればますます消費が低迷する、景気はますます悪化する。悪循環となるのではないでしょうか?物価の下落、価格破壊はいいことなのでしょうが、まわりまわってそのつけが自分にやがてふりかかってくる可能性も秘めているということになるのではないかと思います。

 現在、自民党総裁選が行われています。ニーズという面から、あの候補者の方々は国民ニーズを的確にとらえていらっしゃるでしょうか? 演説などを聞いてもあまり具体的な政策がきかれないような感じもしますし、私たち庶民の生活がよくなるような単純な策が講じられないものかとも思います。街かどでのアンケートでも今を変えてもらいたい、どうにかして欲しいという国民のニーズが変革を求めています。具体的な変革させる政策を持っている方にまかせたら、ちょっとはよくなるような気もいたします。国民のニーズが理解できる方に日本をまかせたいものです。

 ニーズとはかけはなれてしまいますが、街かどのインタビューで日本が良くなるにはという質問に「中小企業が元気になれば」という答えがありました。確かに言えていることだと思います。現状の日本は、気分、気持ち的に萎えている感じがします。もっと前向きに考え、元気を出して頑張れば、なんとかなるのではないでしょうか? 最近よく聞く歌に「明日があるさ」という曲があります。今の日本のニーズ(希望)の何かがあの曲にあって売れているのかなとも思います。元気を出して、一日一日頑張っていきましょう。少しでも日本がよくなるためにも。

(2001/04/23・**退職者による記事**)