【事務所通信バックナンバー】

行程

本年も確定申告実務にご協力いただきまして、ありがとうございました。

 ここ数年の社会構造の変化にはめまぐるしいものがあります。「規制緩和」「情報公開」「IT革命」など、竜巻のように舞い上がったと思えば、すぐさま実生活に影響を及ぼすことばかりです。

 また、バブル崩壊以来の経済の低迷も長期化している上にここに来て、緩やかなデフレ傾向など新しい局面も生まれてきました。引き続き苦しい時代となりそうです。

 こんな中でくじけずに向かっていけるだけの体力、気力を蓄えていかなくてはなりません。こんな時だからこそ、自分の健康を守り、志を熱くもつ必要を強く感じさせられます。

 そんな中で私は、こんなことを考えました。「なぜ私ばかり、どうして私が」とばかり考えていけば、人生は本当に苦しいものになってしまいます。自分の思いどおりにいくことなど、ほとんどないといってもよい世の中です。そんなとき、自分は偉大なる意志のもと生かされている存在なのだと考えていくと、つらいことにも前向きに取り組んでいこうとする気構えが生まれてきます。

 仏教の世界では

「人は、自分の人生は生まれ落ちたそのときから、始まったように思っていますが、決してそうではありません。自分の知らぬずっと昔からの約束をいだいて人は生まれてくるのです。その約束ごと―自分の頭でははかりきれない無限の因縁―それが業というものです。そして、その後の人生も、自分では予測できない業をいっぱいいただいて、毎日その業の刈り取りをしているのです。毎日刈り取りをしながら、また毎日種まきをしているのです。そのまいた種はどんなにしても刈り取らねばなりません。種がどうやって芽生えたか、どのような縁のもとに成長し、どう変化するかわかりませんが、とにかくまいた種は一点のごまかしもなく刈り取っていかねばならないのです。これが人生なのです。どんなことが起きようとも、わが身の業として腰を据えて受けて立っていかねばだめなのです。」

青山俊董『天地いっぱいに生きる』より引用

 この文を読んで気持ちが大きく、楽になる感じがしませんか。経営者として、この時代を生き抜いていくことは、たいへな苦労を伴います。しかし、この道は自分が歩むべき道との観念をしっかり持ち、前向きに自分の目前の難題にも挑戦していく心を持ち続ける、そんな日々でありたいと思っています。

(2001/03/19・荻原秀樹)