【事務所通信バックナンバー】

読書コーナー『デジタルデバイド―情報格差』

デジタル デバイド DIGITAL DIVIDE
 著 者  四元 正弘
 出版社  株式会社H&I
 2000年9月7日発行

 情報機器の利用能力や情報収集・整理などの能力を総括して、「情報リテラシー」といい、情報化社会への対応能力と考えることもできる。

 そして今、標題のデジタルデバイト(情報格差)が生まれつつある。

 本書では、巻頭の情報リテラシー・チェックリストにより自分の現在の力が測定できるようになっていて、そこから、デジタル・デバイド社会の強者になるか、弱者で終わるか、いくつものヒントが提示されていて興味深い。

 著者は1960年生まれ、電通総研主任研究員。「地方活性化」「情報化社会/メディア産業論」など様々な研究活動をおこなっている。

(2001/02/20・荻原秀樹)