【事務所通信バックナンバー】

なぜ会社で生命保険に入るのか

 これまで、この紙面でも再三取り上げてきたテーマではありますが、もう一度生命保険加入の必要性について考えてみたいと思います。なぜ会社で生命保険に加入するのか。一番の目的はやはり「万が一の時の保障のため」ということになるでしょう。しかし一方で、「個人で生命保険に加入しているのに、そのうえ会社でも入る必要はないんじゃないか」「資金繰りも大変だし、そこまで経費を割く余裕がない」とお考えの方も多いようです。 

 では、会社で加入する生命保険とは誰の為に入るものなのでしょうか。これは誰の為に入る、と言うより「会社」の為に入るのです。「会社」が契約者となり、「社長さん」を被保険者とする。多くの中小企業とって、社長さんの存在というのはまさに会社の命運を左右する大きなものです。社長さんに万一の事があった場合の「危機管理」として、「会社」が「社長」に保険を掛けるわけです。会社が営業を続けるのが難しい状態に置かれた場合、それでも債務の返済をしないわけにはいきません。取引先への支払、借入金、もし前受金などをもらっていれば、納品できなかった分は返さなければいけません。社員さんへの給与やその他固定費など、当面の運転資金も確保しなければなりません。そのための生命保険なのです。個人で加入する生命保険とは少し性質が違うのです。

 このほかにもこんなケースが考えられます。会社が社長さんから借入をしている場合です。この場合会社は「借入」ですが、社長さんから見れば会社に「貸し付け」ていることになります。この会社に貸し付けている分は、社長さん個人の「資産」ですから相続税の対象となります。お金は貸し付けてしまっていて手元にはありませんが、課税はされてしまうのです。しかし、会社が保険に加入していれば、保険金で社長さんに返済することができます。いずれにせよ相続税がかかることに変わりはありませんが、相続する人(=相続税を納める人。多くの場合社長さんのご家族でしょう)が納税資金の心配をする必要はなくなります。

 さらに保険のタイプ(掛け捨てでないもの)によっては解約返戻金がありますので、保障と同時に退職金の準備ができます。これまでも何度か保険加入のご提案をさせていただいた事がありました。ご加入いただけなかった関与先様もありましたが、上記のようなリスクが想定される場合、再度ご提案させていただくことがあるかと思います。そんな時は「またか」とお思いにならずに、是非もう一度ご検討下さい。

(2001/02/20・相原愛紀)