【事務所通信バックナンバー】

危機管理

 先日ハワイ沖でおきた米潜水艦と実習船との衝突事故で日本政府の危機管理体制や危機管理に対する考えについて批判が相次いでいる。危機管理能力に欠けている方に日本の舵とりを任せてはいられない、こんなんだから日本経済はいつまで経っても良くならないとまで言われている。事実、森政権が発足した時の株価は2万円台、現在は1万3千円台。国民生活も先行き不安感から消費の伸び悩みなど悪循環になっている。このことについても危機としてとらえた政策をとっているかと言えばとっているようだが危機管理に対する甘さからか、うまく発揮されていない。国民にあきらめムードが漂い「しょうがない」的な感覚が生まれてきている今日、いつまでたってもこのままでは日本経済は米の潜水艦のように緊急浮上できないのではないかと思う。

 さて中小企業での危機管理体制はいかがなものでしょうか?経営の基礎は「もの・金・人・情報・スピード」と言われています。どれか1つでも問題が発生すれば、小さな会社にとっては死活問題に直結するものです。例えば「もの」これは商品やサービスといった会社の販売(売上)するものです。品質が落ちた、提供サービスが良くなくなった、PL問題が発生したなどなど。「金」については、現金入金予定だったものが急に手形決済になったことでの資金繰り悪化、急な資金調達のための融資枠の確認、銀行との付き合いなどなど。「人」については、それぞれのポストに対する補完ができているか、長期の病気や怪我などでその人がやっていた仕事を代わりにできる人がいるか、また現場・工場・営業先で、もし従業員が事故等に巻き込まれた時、その人の血液型や緊急連絡先など会社で把握しているか?などなど。「情報」については様々な経営に対する情報が社内において円滑に共有できているか、多種多様に流れている情報を素早くキャッチできているか。インターネットをはじめ、情報通信は整備されているか?などなど。「スピード」とは今までの4つの事項をいかに早く対応すべく、実行できる体制になっているかなど。例を挙げれば数多くのものが危機として会社をとりまいています。

 従業員の家族までもの責任が経営者の双肩にかかっています。自社において起こりうる危機にどのようなものがあるか、それについての対応としてはどのようにとっているか。この機会に真剣に考え、取り組んでみてはいかがでしょうか?又、それに対して会計事務所がお手伝いできれば監査担当者にでも相談して下さい。

(2001/02/20・**退職者による記事**)