【事務所通信バックナンバー】

21世紀を迎えて

 我々は毎日忙しく働いているけれども、その仕事の中身を見ると八割方広い意味での情報処理という雑用です。お客さんに商品を売った帳面をつけるとき、そういうものを企業の中でやらなければいけなかった。
 ところが、これが全部インターネットに任せられるとなると、そういうものが、全部アウトソースできるようになる。企業に残された仕事というのは、情報処理という雑用ではなくて、いかにクリエーションできるかということになってくる。
 明治維新の時のような本当の意味での「クリエーションとデストロイ」をこれから経験しなければなりませんから、一時的にかなり辛い思いをすることになるかもしれません。一年や二年の景気がどうということより、やはりそれ以降、本当に日本人が元気になれるかどうかのほうが、よほど大事だと思う。日本という国は動き出すまで時間がかかるが、いったん動きだしたら早く、明治維新も終戦直後もそうだった。やらざるを得ないと思った瞬間に、猛然と動き出すから、この五、六年で雪崩を打って社会が変わると思う。
 真っ暗闇から日の出までの時間は長いけれど、日が出始めるとあっという間に昼になる。今の日本の状況を見ると、もう日が出始めたといってもいいのではないでしょうか。
 明るい21世紀となるよう、皆様と手を取って頑張りたいと思っております。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

(2001/01/19・荻原秀樹)

 輝かしい希望に満ちあふれた21世紀を迎えました。しかし、現実としては先送りしてきた諸問題について精算されなければならない世紀となると思います。
 国内で言えば国の借金(国債)・年金問題などなど世界的に見ると、地下資源の枯渇・温暖化などなど今後の生活にとても不安な問題ばかりが未解決のまま、新世紀を迎えてしまいました。小学校や中学校など卒業する時にはよく言われたことで「君たち世代は21世紀に活躍する人々」でした。負の精算に活躍しなければならないと思うととても残念です。負の精算を一日も早くしなければ、冒頭の輝かしい世紀とはいかないのではないかと思います。激動につぐ激動の世紀になることは間違いはなく、それに瞬時に対応できる能力、自分を作り希望に満ちあふれた21世紀にしたいと思います。

(2001/01/19・小林孝則)

 新年・新世紀を迎えるにあたり、抱負を一言。と思いましたが、12月31日と1月1日、大きな節目であることは間違いないのですが、一日で自分自身も周りの状況も劇的に変わるというわけではありません。けれど昨日と今日、それほど変わることのない一日一日でも大切にしていくことを忘れない自分でありたいと思います。
 日々生きていく中で、多くの反省すべきことが生まれます。その分そこから得られることも多く、少しでもそこから何かをつかんで自分の糧にしようと考えてきました。常に物事に対して疑問を持ち、発想することを止めない。そんな姿勢がほんの少しの変化をもたらし、その積み重ねが、振り返れば大変革をもたらしている。今まで能書きが多かった私ですが、歩みは遅くても昨日より今日の自分の方が成長していられるよう、今年は今まで以上に「経験」し、「実践」していきたいと思います。

(2001/01/19・相原愛紀)

 毎年この時期になりますと、昨年の反省をふまえて今年の目標をたてるのですが、なかなか思うようには1年間を過ごせず、反省ばかりが増えていきます。目標を大きく高く設定しすぎているからなのでしょうか…。計画倒れになる事もしばしば。今まで地道にコツコツとマイペースで頑張ってきましたが、今年も初心を忘れずに努力し、何事においてもチャレンジ精神でいきたいと思います。最後になりましたが、今年も一年ご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

(2001/01/19・**退職者による記事**

 生まれたのは20世紀の中頃で、そのときは、もちろん時代を意識してスタートするわけではないし、その日からなんだか夢中で今日まできてしまったような気がしていますが、こうして21世紀の初頭にたってみると、一人の人間として、それも充分な年齢を重ねている大人として、大きな責任を感じます。21世紀がどんな時代になっていくか、いろいろな不安もありますが、国ごとの境の意識が薄れて世界とか、地球といった規模で物事が進展していくように思います。そんな中で、やはりすべての人々にとって平和な時代となってほしいと切望します。「そんな大きなテーマ」を前に自分でもどうしようと思ってしまいますが、まず、自分のできることは身の回りをしっかり固めていくことだと思っています。与えられた仕事をきちんとこなし、喜んでもらえるような積み重ね、小さな小さな積み重ねを大切にして頑張っていきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

(2001/01/19・荻原幸子)