【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 皆様は、ご自分の仕事を日々どのような心持ちで行っていらっしゃいますか。入所5年目となる今年は、税務という仕事を通して色々と考えた年でした。企業とは?税金とは?お金とは?社会科の教科書でも開けば、答えが載っていそうな言葉達ですが、もちろん求めているのはそういう答えではありません(といって、私自身もこれらのことに明確な答えを持っているわけではないのですが)。しかしこれらのことを深く掘り下げ、考え抜くことによって、おぼろげながら何かが見えてきたような気もします。それが果たして合っているのか、間違っているのかまだ分かりませんが、今は考えることを続けていくことが大事なのではないかと思っています。

 「仕事は何ですか」と聞かれたら「会計事務所に勤めています」と答えますが、「それはどんな仕事ですか」と聞かれたらどう答えるか。税金の計算?申告書の作成?確かにそれはそうですが、その仕事が社会の中で一体どういう意味を持つのか。その仕事に自分はどういう姿勢で臨んでいるのか。「私はこんな仕事をしています」と自信を持って言える自分でありたい。簡単に答えを出せるとは思っていませんが、あきらめることなく追究していきたいと思います。

 今までの自分の仕事ぶりを振り返ると、失敗も少なくありませんでした。それは単に知識や技術の未熟さに起因するものもありましたが、税務というものに対して自分の姿勢が固まっていなかったことも大きな原因の一つであったと思います。私自身まだ「理念」を語れるほどの経験も実績もありませんが、そういうことも意識しなければいけない年齢になってきました。今年は20世紀最後の年ということもあり、世間では世紀末、世紀末と何かにつけ騒がしい感じもありましたが、自分なりには転機の年であったと思います。そう考えると私はまだスタートを切ったばかりなのかもしれませんが、息切れしないよう着実に歩を進め、来世紀につなげていきたいと思います。

(2000/12/22・相原愛紀)