【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 毎年毎年12月には、今年を振り返って、また来年への希望と題してこのネットワークに私自身の考えや思い、意見を書いて早8回目となります。振り返ると今年は悪かったが来年こそはと思いを募らせ、書いた感じのものが多かったと思います。確かに悪いなりに良くなって欲しいという思いからでした。しかし、悪い感じが良くならず、平行線もしくは下降線をたどっているような状況になりつつある感が否めません。皆様はどのように感じとられているでしょうか。良い時(年)もあったし、悪い時(年)もあった。割合はどうでしょうか?感覚的に悪い割合が年々多くなってはいませんか?右肩上がりの成長は今後は期待出来ないと言われている今日、悪いと感じるのは仕方のない事だと思います。なぜなら前月のネットワークにも書きましたが、世の中は目まぐるしく変化をしていながら、各企業・各個人の体質等が変化に対応しきれていないからだと思います。他力本願でいずれは良くなるだろうと考え、周りが各企業・各個人に合わせてくれるだろうとかすかな望みを持ち続けているからでしょう。暗い事ばかり書いて輝かしい21世紀を迎えるにあたり、良くないとは思いますが、現実を良く見据えて前向きに行動をとってもらい、それぞれが新世紀にふさわしい企業・個人となって頂きたいという希望からのものです。

 さて、21世紀はどのようになっていくと思いますか?私は、明るい方向へ是非なって欲しいと期待しています。期待ばかりではなく、先も書いたように自分自身も世間の変化に対応していき、よりよい方向へと向かおうと思っています。新世紀もメインとしては、情報通信関係は益々発達し、各企業・各個人に浸透していくものと思います。パソコン1人1台、Eメールアドレスを持っているのは当たり前となることでしょう。このような変化に対応するべく私自身、携帯電話をIモード対応のものに切替えました。ちょっとパソコンとまではいけなかったのですが、近いうちにはと思っています。成長企業を見てみますと必ずIT関連企業もしくは、インターネット、Eメールなどコンピュータ利用により成功した企業が多くあります。今後は企業の大小関係なく、コンピュータの導入が進んでいくと思います。会計事務所でも自計化ソフト導入により、コンピュータ導入のお手伝いをさせて頂いております。もし、何かコンピュータがらみでお困りの方、監査の時に相談して下さい。できる限りのアドバイスはできると思います。お互いに希望に満ちあふれた新世紀を迎えるべく、元気に頑張っていきましょう。本年はありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。

(2000/12/22・**退職者による記事**)