【事務所通信バックナンバー】

20世紀最終号

 あと数日で20世紀が終わろうとしています。20世紀には「20世紀の原理」がありました。競争原理によって人類は飛躍的な発展を遂げたのですが、これも両刃の剣、自然をも征服しようとした為、人類は今滅亡の淵に立たされています。環境を守る為には、経済成長をストップしなければならないという議論がありますが、はたしてそうでしょうか?環境をこれ以上破壊せず、美しい地球に戻していくための技術と知恵は、経済が成長する中で生まれてくるように思われます。

 人類の歴史を牛耳ってきたのは、政治・軍事・宗教でした。近代科学の進展によって今や経済が世界をコントロールするようになりました。今私達は豊かな物質に囲まれて、情報化消費化社会を生きています。一方、地球上で過半数の人々が貧困と飢えに直面しています。その一方地球環境は、どうにもならない位、危機的な状況にあります。

 地球環境を破壊することなく、経済を継続的に発展させ、富を均等に配分することによって「愛と調和の21世紀」を創造していくことが今求められているのだと思われます。

(2000/12/22・荻原秀樹)