【事務所通信バックナンバー】

読書コーナー『ITパワー―日本経済・主役の交代』

ITパワー 日本経済・主役の交代 中谷巌・竹中平蔵 著 PHP研究所 2000.3.6 第1版発行

 日常の中で、ITという言葉を聞く機会が急速に増えているが、この言葉なくしては、21世紀を迎えられないというほどに、経済の根幹に揺さぶりをかける言葉となっている。

 このIT、Information Technologyの略語であるが、本書では次の項目立てで論を進めている。  

  • プロローグ  日本経済・大転換の予感
  • 第1章    IT 革命の源流
  • 第2章    台頭する新しい日本人
  • 第3章    続々現れるニュービジネス
  • 第4章    二十一世紀型経営で伸びる会社
  • 第5章    さらば!旧来型勢力
  • 第6章    ベンチャー立国への制度改革
  • 第7章    日本はインターネット大国になれる

 著者は、「ソニー社外重役問題」で記憶に新しい、中谷氏。時代の旗手として小渕内閣の「経済戦略会議」議長代理を務めるなど、日本経済の構造改革に取り組んできた実績がある。また、若手経済学者のホープということで、サントリー学芸賞、エコノミスト賞などを受賞し活躍中の竹中氏が、共に活発な議論を交わす形でまとめられていて興味深い。

 産業革命が手工業から機械主体の工業化社会を生み出したようにIT革命は、知識や情報主体のデジタルサービス社会の到来をもたらしている。IT革命というと何か特別難しい技術を使わなくてはいけないのではないかと思われているが、そうではなく、発想を転換することが重要であり、その道具としてコンピュータやインターネットがを活用されていくのだということがわかった。IT革命、それは、人間の感性や直感力といったものが本当のパワーを持つ時代になってくるという熱いうねりである。そして、デジタル化による低コストで大量の情報を蓄積することができるようになり、それをどう使っていくかというアイディアが重要になってくる。 こういう流れを活用していくのに、現在の日本型企業が対処できるかどうか。今こそ、20世紀型から21世紀型企業へと転換していかなくてはならない。日本社会の低迷の理由、「モラルハザード症候群」として、頑張ってもたいしてむくわれないと同時に、頑張らなくてもある種の保証をあたえられているので、無難に無難にと動いてしまう、という現在の体質があげられている。

 2001年から2002年にかけて日本社会は変わらざるを得ない三つの大きな事案を抱えている。

    ひとつは、1000万円以上の預金が保護されなくなるペイオフの実施。
    • 預金者は厳しい目で銀行を選択するようになり、体質強化のための見直しも行われ、融資も厳しい環境を迎えるようになる。

    二つ目は、国際会計基準への移行。
    • 連結財務諸表と時価主義会計の義務づけにより、親会社が子会社に不良債権をおしつけるという手段がなりたたなくなる。

    三つ目が、中央省庁の再編成。
    • もうこれからは政府がめんどうをみてくれることはないというプレッシャーがかかり、本当の自己責任が問われる時代となる。
       

 このような厳しい環境から日本の経済はこれから先一、二年は停滞しているが、三年先は、たいへんおもしろくなってくる。そのときにこのIT革命に真剣に取り組んできたかどうかが問われてくると思う。

 今、あの驚異をほこったマイクロソフトを脅かしているのはLinuxであるといわれているがLinuxはご存知のようにフィンランドの学生がパソコン用に開発したOS(オペレーションシステム)である。そのプログラムをインターネット上で公開し、世界中の研究者やコンピュータ・マニアがアクセスしてきてみんなで、プログラムを修正、改良していった。世界中の何百万人もの人が共同で進化させ、高い完成度となっている。今後はこういうオープンソース・ムーブメントという手法が広がっていく。

 著者あとがきに「これほどすさまじい時代、正確な予測など誰にもできない。だからこそ、方向だけを的確に読みとり、あとはスピード感あふれる経営で試行錯誤を繰り返すしかない。グローバリゼーションとIT革命に対応できないようなトップは、もう交代してもらうしかない。問題の先送りしか考えないような企業や組織は、淘汰されるしかないのだ。健全な危機感を持って 挑戦すれば、大きなチャンスが目の前にある。はらはら、ドキドキ、わくわく、の時代がやってきた。」と結ばれている。以上要約を中心に稿を起こしてきたが、我々も新しい時代への準備を入念にすすめていかなくてはならないことを痛感する。

(2000/11/22・荻原秀樹)