【事務所通信バックナンバー】

変革

 内閣不信任案が可決するかもしれない。政治が少しでも変われば国・経済・国民の生活が良くなるかもしれない、とお考えになった方は少なくないと思います。しかし、結果は否決。現森政権のもと21世紀を迎えそうです。

 「”景気が悪い”など○○○が悪い」その為、会社の業績が良くならない。個人の家計が苦しい。全て国が悪い=政治が良くない、少なからずそうだとも言えます。しかし、会社・個人を取り巻く環境が変化すれば、会社・個人とも良くなるでしょうか?バブル期のようにはならないはずです。

 また、今の政治に大きな変革を期待し、待ち続けていたならばそれまでに会社・個人が保つでしょうか?答えは”NO”に近いものが出るはずです。今の体制を変革させる現状を打破することは、とても勇気のいることで、経営者の手腕が試される時期に入って、相当期間が経っているはずです。一早く自らを変革させたところは、現在、とても元気に活動していると思います。相当期間が経っているということは、それまで周りが変わってくれることを期待していたからでしょう。もう周りは変わってくれないと思った方が正解かもしれません。自らの会社、個人が内からの変革をしなければ、この激動の時代、生き残れないのではないでしょうか?

 何から変革すればいいのか分からない、多分この答えが多くあることでしょう。しかし、それは本気になって変革しようという気になっていないからであって、まだ周りの変化に期待しているから。本気で変革させようと考えれば、おのずと色々な面が見えてくるはずです。

(2000/11/22・**退職者による記事**)