【事務所通信バックナンバー】

保険料控除証明書を考える

 カウントダウンで迎えた西暦2000年も余すところ一月となり、慌ただしさも日に日に増す今日この頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

 この時期になると郵便物も少しずつ増えてくる感がありますが、そのひとつとして、保険料控除証明書があげられます。各保険会社から一斉にお客様の手元へ発送されるわけです。その時、改めて

  • こんな保険にはいっていたのか。
  • 保険期間がもうすぐきれる
  • 一括引き落としなので、こんなにいくつもの保険に入っていたとは思わなかった
など、このはがき大の控除証明書を眺めて驚いたりすることは誰にもあることだと思います。しかし、その証明書は何かの袋に大切にしまわれ、表に『確定申告準備書類』などと書かれてシーズンまで眠りにつくというのが一般的ではないでしょうか。

 そこで、今年は、その証明書に対応する保険証券をやはり大切にしまわれている場所から取り出し、ゆっくり見直してみましょう。たくさんの発見があります。いわゆる定款と呼ばれるものはさすがにボリュームが多くて、それを読んで実際にどうのこうのということはなかなかできませんが、保険証券だけは、最後の砦。きちんと頭にいれておく必要があります。

  • 契約者は誰か…よく会社で入っているものと個人で入っているものが、区別つかなくなってしまう方がいらっしゃいます。
  •    
  • 保険金の受取人は誰か
  • 保険期間はいつまでなのか
  • 保険金額、保証内容は適当か
  • 加入内容の確認
  •    
  • 損金経理部分と資産計上部分のそれぞれの金額
  • 配当金の有無
以上、個人の確定申告と離れた法人の保険金の経理処理にかかわる部分まであげさせていただきましたが、これらの点をあきらかにしておかないと後々せっかく入っていた保険が有効に活用されなかったり、税務調査の時に非違事項として指摘をうけるような状態にもなってしまいます。一般に生命保険の勧誘などは、勧誘するかたにこのような知識がない場合もあるようで、「会社のためになる保険です。」といって勧められ契約したが、実際には、ほとんど、損金処理する部分がなかったなどというのもよくあることのようです。そのことが分かったときにはすでにその勧誘したかたは保険会社を退職していて、怒りの持って行き場もないというケースが多く見受けられます。

 保険会社の破綻も相次ぎ、私たちは、今まで以上に保険について詳しく知ろうと努力していかなくてはいけない時期がきていると思います。そのために、いま加入されている、生命保険、個人年金、また、損害保険、すべての証券を集め、整理をし、内容を把握していただきたいと思います。

 また、当所でも、巡回監査の折りに、そのような点についてご相談をお受けしております。お気軽にお申し付けください。

(2000/11/22・荻原幸子)