【事務所通信バックナンバー】

時代

 今、私たちが生きている時代というのは、本当にたいへんな時代だという実感があります。新聞には毎日悲惨な事件が後をたたないし、政局の不安定、国際社会における厳しい現状、ここに枚挙する必要もないほど、時代は混迷をきわめ、先行きまさに不透明。ますます時代は暗さを増してくるような気がします。

 こんな情勢の中で、人は不安になって先行きを悲観したり、悩みこんで行き詰まってしまったりします。そんなとき、宗教であったり、哲学であったり、また偶然出会った人からの魂の感化など、様々な道を通して生きる力を模索し、また、一歩一歩踏み出していこうと勇気づけられたりします。

 幸福ということを考えてみても私たちは少し貪欲すぎるのではないかと思う時があります。もっと素朴に今与えられているものだけで、感謝し、満足する、そういう生き方がよいのでないかと思います。なんとか生きて、自分の力で動けること、そのことをあたりまえのことに思わずに、本当に心から感謝し、自分はしあわせだと思うことが大切だと思います。 

 人生も年を重ねると苦しさが雪だるま式に加速してきます。私自身もそんな中で出会った本の中の一節、また、出会った人からの話など、本当に救われる思いで接することが多くあります。

 引き出しの中に一編の詩。もういつしまったのか忘れてしまいましたが、そして残念なことに出典もわからなくなってしまったのですが、こんな詩が私を励ましてくれました。


短い人生

 幸福とは何一つ私有しないことである。
 自分のものといえるものは何もない。
 部屋一つ、机一つ、自分のものでなかった。

 わずかに足りるものがあればかまわない。
 貧しかったが、貧しいとつゆ思わなかった。
 失うべきものはなかった。

 現在を聡明に楽しむ。それだけでいい。
 無にはじまって無に終わる。それが音楽だ。
 称賛さえも受けとろうとしなかった。

 空の青さが音楽だ。川の流れが音楽だ。
 静寂が音楽だ。冬の光景が音楽だ。
 シューベルトには、ものみなが音楽だった。

 旋律はものみなと会話する言葉だ。
 神はわれわれに、共感する力をあたえた。
 無名なものを讃えることができるのが歌だ。

 遺産なし。裁判所はそう公示した。
 誰よりたくさんこの世に音楽の悦びを遺して
 シューベルトが素寒貧で死んだとき。
フランツ・シューベルト(1797−1828)

(2000/11/22・荻原秀樹)