【事務所通信バックナンバー】

絵に描いた餅

 「経営計画を作りましょう」「予算を立てましょう」という提案をさせていただくことがあります。こう申し上げますと、多くの場合社長さんは「そんな数字通りにうまくいくものじゃない」と答えられます。確かに中小企業の試算表というのは、月単位あるいは年度単位で見てもなかなか一定の数値が出てくるものではありません。好不調の波が激しく、全く予測のつかない業種があることも事実です。それに加えてこの不況下では、先が見えないのは中小企業に限ったことではありません。

 しかし、そんな中でもそれなりの業績を上げ、企業が継続している要因はどこにあるのでしょうか。並々ならぬ経営努力があることはもちろんですが、社長さんの経験、勘、センスといったものに裏打ちされた部分も多いと思います。経営計画や予算を立てるというのは、そういったやや曖昧なものを具体的な形にしてみませんか、という意味でのご提案です。私が先日受講したセミナーで、心と形の両輪で回ってこそ意味があるという話がありました。経営で言えば、理念や理想だけでもだめ、数字ばかり気にしていてもだめ、その両方がリンクしていなければうまくいかない、ということでした。実際、数字のことなんて分からないとおっしゃる社長さんに、頭の中で描いているものをお聞きして数字に置き換えてみると、全くかけ離れた数値が出てくるということはまずありません。たいていの場合はむしろ根拠のある数値に近いものが出てきます。

 「売上を伸ばそう」「経費を削減しよう」といった目標が出てきたときに、「では、いくら?」というところにつなげていただきたいと思うのです。逆に我々会計事務所は「いくらの売上が必要」「利益率は何%」といったところから「この商品を売ろう」「仕入先を見直そう」といったところを、社長さんにお気付きいただけるようなお話をしていかなければいけないと考えています。  経営計画自体は絵に描いた餅かもしれませんが、とにかく一度描いて形にしてみましょう。ひとつの形をつくることで、それが具体的な行動に変わります。そうすれば最後には本物のおいしい餅が食べられるかもしれません。

(2000/10/24・相原愛紀)