【事務所通信バックナンバー】

雑感

 朝夕、めっきり寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情心より感謝いたしております。

先頃、『TKC2000年10月号』を読んでいたところ、「北から南から」というコーナーに「何か間違っていませんか?」という題名で会員の人のこんな話がのっていました。

 コンビニエンスストアに調査がかかったが、現在のコンビニの管理運営は、レジ端末から本部にリアルタイムで情報が送られ、アルバイトの人件費まで管理され、日々の現金も釣り銭を除き、本部の銀行口座に預け入れをしていくので誤差の生ずる余地がないとのこと。調査も順調に進み一日目は無事終了。

 二日目は「雑損失の内訳の商品廃棄損の内容と自家消費について」尋ねられたということで、これも賞味期限の徹底管理によりいつも新鮮なものを提供するために期限切れのものは、一切だれも食べることなくゴミとして捨てる。ホームレスに拾われないようにゴミ箱に鍵をかけるほど徹底して、という説明。調査は無事終了。これにはほっとしたものの「世界には、食糧危機による飢餓で死んでいく子供が多いというのに、こんなことでいいのだろうか?」と考えた。
  という内容でした。家に帰ってその日の新聞を見ると国連食糧農業機関が、世界の栄養不良人口を2015年までに四億人に半減させることを目指した1996年世界食料サミットの目標達成が、このままでは15年遅れると警告する報告書を公表した、とありました。現在の栄養不良人口は八億二千六百万人にものぼるということです。

 先月このNETWORKの中でとりあげた『21世紀 日本の使命』という本ですがその中に今文明は日本の真上にきているという言葉があり、科学技術の進歩により世界環境を著しく損なってしまった今、科学技術先進国としての責任において、科学の力で地球環境をとりもどす先導を日本がなし、それを次の中心である中国へ引き継いでいかなくてはならない、という言葉がありました。

 折しも白川英樹教授が「導電性高分子の発見と発展」の研究においてノーベル化学賞を受賞されたように科学技術先進国である日本。その中においてひとりのささやかな人間としても私自身ができることは何かという問題を足下を見ながら考えていくべきだと思いました。

 そして、10月17日(火)の新聞には、先端技術視察のため山梨県を訪問した中国の朱鎔基首相が16日、都留市の山梨リニア実験線で、初めてリニアモーターカーに試乗し時速452キロの速さを体験という記事が載っていました。なんだかとても感覚的ではありますが、日本から中国へ、まさにそんな予感のする出来事でした。

 遠い遠いと思っていた21世紀への足どりもいよいよカウントダウンとなりました。いっそう求められるグローバルな視野。発展と調和の問題など、私自身が一人の人間としてまた、会計事務所のスタッフとして、また、一地球人として確かな足どりで歩めるようしっかり考えをまとめておかなくてはいけないと感じました。

(2000/10/24・荻原幸子)