【事務所通信バックナンバー】

読書コーナー『21世紀日本の使命』

 『21世紀日本の使命』 芳村思風 致知出版社 平成11年10月15日発行

序文より

 人間が何事かを成し遂げるために必要なのは不撓不屈の意志である。

 「こうしたい」という欲求が「こうしよう」という意志になり、意志が社会性を持って多くの人の役に立つ方法で実践されるとき、意志は「志」に成長する。そして志が、そのためになら死んでもいいと思えるものになったとき、「使命」とよばれるのである。

 日本はこれから人類のために大きな使命を担っていかなくてはならない。世界はいま、西洋の時代から東洋の時代へと移行する数千年に一回の激動と混乱の中にある。それと同時に、世界史は理性の時代である近代の終焉を迎えており、近代から次の新しい時代への輝かしい第三の過渡期に突入しつつある。このような状況の下で、世界の文明の中心が、今日本の真上にきているのである。ということは、日本人が中心となって、これから西洋の時代から東洋の時代への世界史的な移行を実現させ、さらに第三の過渡期を担って新しい時代を呼び起こす大事業を実現しなければいけないということである。

 私たちが子供の頃よりずっと、西洋は東洋に対して優位を築いて目に写ってきたような気がする。戦後の焼け跡からの復興はアメリカをはじめ西洋の模写抜きには語ることができない。このような価値感を多くの日本人は持ち続けていると思うが、そんな中で、このように今、西暦2000年を迎え、西洋の時代から東洋の時代への移行がおこなわれていると言い切る著者の語りは実に新鮮である。世界文明はアフリカに始まり、メソポタミア地方、地中海と動いて、ヨーロッパからイギリス、アメリカへと移動。そしてこの移行は日本から中国へ、さらにインドへと動いていくということだ。

 東洋の文化は理性ではなく、仏教も老荘思想も儒教も、自分が修行して感性の実感でつかみ取る悟りが中心。つまり、感性の文化である。このような中では縦型社会から横型社会へ移行、「支配」という言葉は死語になってくる。リーダーシップよりパートナーシップ、フレンドシップ、フェローシップが重要視されてくる。

 また、競争という意識からも脱却していかなくてはいけない。勝っているように見える会社がある。しかし、それは競争に勝っているのではない。自己変身、自己創造、自己改革を内部で徹底的に進めた会社が、勝っているということだ。弱肉強食の原理から適者生存の原理への転換が求められていると著者は語る。

 21世紀にむけて、日本が背負っている課題について書かれた本をいくつも読んできたが、このような形で感性論哲学の立場から日本人の使命を説いた著書は私にとってはじめてであり、世界の人々と人類史のために貢献していく必要性を実感することができ、たいへん有意義であった。

(2000/09/22・荻原秀樹)