【事務所通信バックナンバー】

シドニーオリンピック

 残暑の厳しい日と肌寒い日が交互に訪れ、体力的には少しきつい9月となっていますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。暑いにつけ、寒いにつけ、世間の関心は、シドニーオリンピックに寄せられています。

 私は残念ながら、オリンピックの開会式をテレビで見られませんでしたが、史上最多200の国・地域より1万6000人が参加する夢の祭典がいよいよくりひろげられました。そして韓国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の合同行進が初めて実現、代表選手が南北を分断する線のない「統一旗」を共に掲げ先頭を行進したということを16日の朝刊で読んだ時は本当に感動しました。朝鮮戦争から半世紀、分断から融和、「1つの民族、ひとつの国家」へむけて南北和解をアピールする歴史的なミレニアム五輪になったと、そこには報じられていました。朝鮮の方たちばかりでなく、本当に全世界が感動の渦に巻き込まれたようなできごとだったと思います。

 次に民族対立の悲劇を乗り越え、祖国の独立を願う東ティモールから4選手の参加。戦禍のつめあとも生々しいだけに祖国の人々にどれほど勇気と感動を与えたことだろうと感慨をもって眺めました。

 そして、今大会開会式は1778年、シドニーに英国人が入植して、欧州系白人の支配が始まって以来差別・迫害されてきた先住民アボリジニ、そのアボリジニの豊かな文化を演出し異なるものを認め合い「調和の中で生きよう」と歌いあげられていたということです。その代表として、女子陸上、キャシー・フリーマン選手が聖火台に点火。オーストラリアの先住民族は今、どんな暮らしをしているのだろうと常々考えていた私にとっては、とても感動的な開会式でした。

 メディアがメダルの数ばかりを数え、選手に重圧をかけているようで忍びないと思う五輪ですが、戦いを終わった選手達の談話をきくと、やはり調子のよい時ばかりではなく、どん底というものを経験して、そこからまた、一歩一歩上り詰めてきたのだということがわかり、その努力と不屈の精神のすばらしさに思いを馳せました。

 何かと問題も多い、オリンピックではありますが、真摯な気持ちで競技にのぞみ、常に自分を高めようと挑戦している多くの選手の方達の姿に励まされ、そして平和への道のりを確かなものに感じさせ、夢と希望を与えてくれるこの祭典を熱い気持ちで声援したいと思っています。 〜それにしても見たかった開会式。

(2000/09/22・荻原幸子)