【事務所通信バックナンバー】

読書コーナー『後世への最大遺物』

『後世への最大遺物』 内村鑑三著/岩波文庫

この本は、明治27年7月、箱根で開催されたキリスト教徒第六夏期学校において行われた講演を後に発刊したものです。キリスト教徒のための講話とはいえ、「事、キリスト教と学生とにかんすること多し、しかれどもまた多少一般の人生問題を論究せざるにあらず、」と明治30年発刊のはしがきにも著者の言葉として記されています。そして、大正14年の改版に附する序には「この書成って以来の世の変化は非常であります」と31年の時の流れをふりかえり、「多くの人がこの書を読んで志を立てて成功したと聞きます」という著者の言葉を拾うことができ、世の多くの人々に読み継がれていたことがよくわかります。

 さて、後世へ遺しておきたい最大の物とは何でしょうか。皆様は何を思い浮かべられますか。ここに岩波文庫解説より講演要旨を紹介してみたいと思います。

 われわれが五十年の生命を托したこの美しい地球、この美しい国、このわれわれを育ててくれた山や河、われわれはこれに何も遺さずに死んでしまいたくない、何かこの世に記念物を遺して逝きたい、それならばわれわれは何をこの世に遺して逝こうか、金か、事業か、思想か、これいずれも遺すに価値あるものである、しかしこれは何人にも遺すことのできるものではない、またこれは本当の最大の遺物ではない、それならば何人にも遺すことのできる本当の最大遺物は何であるか、それは勇ましい高尚なる生涯である。

鈴木俊郎氏の解説より引用

 また、本文の終わりには内村鑑三自身の言葉で、

 己の信ずることを実行するものが真面目なる信者です。(中略)われわれは後世に遺すものは何もなくとも、われわれに後世の人にこれぞというて覚えられるべきものはなにもなくとも、アノ人はこの世の中に活きているあいだは真面目なる生涯を送った人であるといわれるだけのことを後世の人に遺したいと思います。  
とまとめられています。

 明治27年といえば日清戦争の始まった年であり、明治24年にはいわゆる「第一高等学校不敬事件」により、内村自身、「不敬漢」「国賊」などと呼ばれかなり厳しい状況にあったといえますが、その中で、常にきわめて健康的な精神を持ち続け、万人に通ずる人生の本当の生き方を教えてくれたこの内村鑑三の名著は一生の宝物としたいと感ずるところであります。

(2000/08/22・荻原秀樹)