【事務所通信バックナンバー】

自計化システム

 インターネット・Eメールなど、急速に発展しつつあるコンピュータ関連。近い将来には、1社に1台、1家庭に1台パソコンがあるという時代になるのではないでしょうか?また、税務会計をとりまく環境も電子申告をはじめ、コンピュータ処理がなくてはならない時代になってきました。「1社に1台」では何に活用するのでしょうか?インターネットにしかりEメール、オンライン取引もあるでしょう。そこで、当事務所から提供させていただいている自計化ソフト等を再度、お伝えしたいと思います。

  1. FX2:戦略財務情報システム
     日々経理処理されていくデータに基づいて、その日その日の全社業績や最新の経営管理資料をタイムリーに提供します。巡回監査によりデータを処理しなければ、処理月の業績が把握できません。このような状況が現在大半を占めているわけですが、それでは経営者の意志決定が遅れてしまい、この急速に進む時代、後手後手となってしまいます。このシステムでは各種管理機能の活用により、自社の体質改善強化をより早く進めることができます。
  2. PX2:戦略人事給与情報システム
     企業の給与体系や支給方法など実態に合った給与計算を適法かつ迅速に行うとともに企業における人事関連の意志決定を支援します。これから給与計算と社会保険に関する法律制度が大きく変わります。PX2は、これらの法改正に的確に対応しています。
  3. SX2:戦略販売・購買情報システム
     企業における営業活動支援ツール。販売管理業務の中心は何といっても請求業務。それに完全対応しているのがSX2です。

 他にも建設業においてはDAIC2。工事原価情報など現場管理にかかるタイムリーな情報を得ることができます。

 また、現在自計化していただいている企業様には、インターネットやEメールといったシステムについてもトータル的にサポートさせていただいております。

 パソコンの導入から立ち上げ・操作方法。一般的な売りきり形ではないので、安心して利用できるのではないかと思います。詳細につきましては、会計事務所もしくは巡回監査担当者までお気軽にお聞き下さい。

(2000/08/22・**退職者による記事**)