【事務所通信バックナンバー】

企業は社会的責任を負った存在

 思いの他、残暑の厳しい日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしようか。

 今月は、企業の経営を考えていくということで、(株)近江兄弟社・岩原侑社長の講演録をひもといていきたいと思います。

 皆様ご存知のように近江兄弟社は、かつてメンソレータムの製造販売権を得て、日本での販売を一挙におこなっていた会社です。メンソレータムは楽をしていても売れすぎたということです。そんな日常の積み重ねの中に甘さが生まれ、ついに昭和49年倒産。今の貨幣価値に直せば、負債総額百億円規模だったということです。そんな中で、倒産会社の役員になり、さらに代表になったのが、この岩原社長です。

企業は社会的責任を負った存在(講演録より抜粋)

 企業の歩く道は倒産への道か、繁栄への道か、その二通りしかないと思います。皆様は立派に繁栄していらっしゃると思いますが、私どもは70年かけて、倒産への道を歩んだということになるのです。倒産への道を歩むなら、周囲に迷惑をかけて、社会犯罪になります。
 反対の立場にある繁栄ということは、犯罪の反対ということになるかと思います。犯罪の反対ということは、社会に対して大きく貢献し、役立っているということです。今不況ですから、皆様方は毎日のお仕事で従来より難しい局面に立たされているでしょうが、難しいことを毎日解決しながら頑張っていらっしゃると思います。会社が毎日ずっと続いている、ただ存続している、そのこと自体が社会に対して大きな貢献をなしている、というふうに言い換えることができるのではないでしょうか。

 この認識から出発し、氏は再出発への模索を始めます。

  • 「メンターム」という名前で商品を作らせてもらう許可を交渉を重ねてやっとの思いで取得
  • 全社員で一軒一軒薬局を回って注文をとる――全国に自転車セールス
  • 人員を増やさず効率よく――忙しい部門を応援しあう
  • 無借金の現金経営――冬の暖房もなし、買えなければ買わない経営

 このあたりの苦労話は、『足で訪ねた一万軒』(近江経営者出版)に詳しく綴られています。そして氏は存続する会社がいい会社ということに行き着きます。

 続くということがなぜそんなにいいのでしょうか。当たり前のことですが、続くのですから、経営が安定しているわけです。利潤が上がって、赤字ではないのです。赤字続きの会社はいずれ倒産して、犯罪を犯してしまいます。犯罪を犯してはいけないのなら、何年も続ける。続けるためには利益を上げ、安定させて初めて存続が可能になります。
 その存続は誰がやるのでしようか。それは、経営者と社員です。バブルのようなものには手を出さず、本業に一生懸命精を出し、利益を出しているからこそ、安定して存続していけるのです。存続するのは、経営者と社員の並々ならぬ努力と苦労がその裏にはあり、一生懸命働いているからです。大きい小さいという規模の問題ではありません。
「存続する会社がいい会社」より引用

 この講演から歳月は四年ほど立ち、世の中もその頃の不況の状態よりはかなり上向いてきているといえると思います。しかし、根本を流れる経営理念はいつも一緒。いつの日にも兜をひきしめて、本物を見極める目をもちたいものだと実感しています。

(2000/08/22・荻原秀樹)