【事務所通信バックナンバー】

読書コーナー『京セラに学ぶ新・会計経営のすべて』

 景気が、少しずつ上向いてきたとはいうものの昨今の社会の動きにはたいへん厳しいものがあります。経営者であれば、ひとときの気の休まる時もなく、常に悩みを抱え、毎日が戦場のようだと思います。 中小企業社長の4つの悩み

  1. 常に明日への不安がある
  2. 寝ていても資金繰りが頭をよぎる
  3. 優秀な社員がいない
  4. 毎月の正確な月次決算が早く出てこない
これらに思い当たることがある方も多いことと思います。

『京セラに学ぶ新・会計経営のすべて』田村繁和・小長谷敦子(実業之日本社)

 この本は、2000年3月に初版発行された本ですが、「中小企業が勝ち残るための本当のキャッシュフロー経営」と銘打って、上記の4つの悩みから説き起こし、キャッシュフローの真髄へと迫ります。著者は、公認会計士として自らの実務に携わる傍ら、京セラの稲森名誉会長が主宰する盛和塾で京セラ会計学を学んでいる方です。

 中小企業の苦しさ、厳しさを実感しながらも「中小企業の社長には自分がこうと決めたら、即断即決で実行できる権限があります。人生に夢とロマンを求めて、このような悩みに果敢に挑戦していくことができるのも中小企業の社長だからです。ぜひとも、勇気を出し、中小企業の特性を活かして頑張っていただきたいものです。」とエールを送っています。

 全82項目・図表・イラスト入りでたいへん分かりやすく書かれた本ですので是非、一読いただき、今日からの会社経営にお役立ていただきたいと思います。また、並行して、私共の会計事務所でも、皆様の会社経営に全力を挙げてご支援いたす心構えでおりますので、何かとご相談下されば幸いです。

(2000/07/21・荻原秀樹)