【事務所通信バックナンバー】

毎日の経理に思う

 『紺屋の白袴』とはよく言ったもので、仕事としてお客さんからひき受けたものには精魂傾けても、自分のところのものはいつかゆとりができたら、いつか、いつかと何年たっても手がつかぬままというのは、よくあることだと思います。

 私共の事務所でも早い段階からシステムを導入し、

  • 財務         FX2
  • 給与         PX2
  • 報酬管理(請求書発行) FMS
コンピュータによる自計化にとりくんできました。この利便性は言うまでもなく、自計化による省力化された人手、時間などを新たな高い段階の業務に振り分けることが可能になってくるわけです。

 そして、この三つのシステムをやっとこの春より連動させ、更に時間の短縮を試みることができました。

 日々の経理、特に財務データの作成において苦痛を伴うものベストテンは何でしょうか。

  1. 勘定科目印を押すのがたいへん
  2. 1つ1つ摘要を記入するのが疲れる
  3. 消費税への対応が難しい
  4. 諸口を通す取引の仕訳がめんどう
  5. 月末整理仕訳をわすれてしまいがち
  6. 給与の仕訳が複雑
  7. 売り上げ高計上の仕訳が多くてたいへん
  8. 売り上げ入金の内容が複雑
  9. 請求書と財務のサイクルが違い、頭の切り換えがたいへん
  10. 売掛金の集計に時間がかかる
  11. (順不同)
これらが、三つのシステムを連動させることにより解消し、一ヶ月分の財務データをスムーズに作成することができるようになったのです。

 お客様への請求書発行に間違いがあってはなりませんから、どこの事業所さんでも総力を挙げてチェック体制をとると思います。このように万全を期して発行される請求書。しかし、財務データの仕訳をおこす時に集計ミス、転記ミス等があれば、その原因追及のために膨大な時間を割かなくてはなりません。これが、請求書発行のデータをそのまま使えるとしたら、もう売掛金のチェックに手間取る必要はなくなります。

 給与支払い。これも間違いがあっては困りますから短期間にやはり総力を結集して計算、支払いをおこなうと思います。これを給与計算システムによれば、早く正確に行うことができ、また財務への仕訳データも自動作成してくれるので、再チェックの必要がありません。

 このように『紺屋の白袴』であった私共の事務所もこの三つのシステムの完全連動を行い、改めてこれらのシステムの良さを実感しております。

 続く不況で、コンピュータ導入も停滞気味でしたが、ここ何年かは活性化してきています。その理由として、若い世代の方の経営の参加が多くなってきていることがあげられます。息子さんや娘さん達が成人し、事業を手伝ってくれるようになったというケースです。若い世代の方は、なんといっても機械に強いですから。

 また一方で、操作も簡単になってきて、年配の方でも本当に抵抗なく使うことができるようになってきました。「こんなに便利なら」と多くの方に関心を寄せていただいております。

 三つ目にWindowsの普及で機械の互換性がよくなったこと、そして最後に価格の低廉化も見逃せません。

 実際にコンピュータ導入により起票などにかける手間がどれだけ省力化されるか、過去データの検索がどれほど楽か、等々、実際に見ていただくこともよいと思いますので、巡回監査担当者または、当事務所までご連絡いただければ幸いです。

(2000/05/19・荻原幸子)