【事務所通信バックナンバー】

税理士になって思うこと

 会計事務所の関与先の経営者の多くの顔には、ある種独特のしわが刻まれている。それが資金繰りの苦労によって刻まれるものであると知ったのは、税理士になって何年も経ってからであった。

 関与先の経営者の頭の中を占めているのは、一にも二にも、まず資金繰りである。「経営者」でない人達は誤解しがちなのだが、それは必ずしも拝金ということではない。

 仕入先への支払、手形の決済、従業員に対する給与、銀行への返済などに常に追われている経営者にとって、金のことで頭をいっぱいにしておくことは、まず、仕事を全うするための最低の条件なのである。そして、こうした資金繰り中心の生活は、経営者にとって必ずしも居心地が悪いものではなく、いわば、金の流れの分岐点に位置していることに伴う誇りが経営者たちの人生を支配しているのである。

 当会計事務所では、経営の指針として、月次監査を励行し、継続マスと資金別貸借対照表を提供しています。

(2000/05/19・荻原秀樹)